経営学部 経営学科
FACULTY OF BUSINESS ADMINISTRATION
DEPARTMENT OF BUSINESS ADMINISTRATION

会計専門職コース ACCOUNTING AND FINANCE

財務諸表から企業の本質を読み解き、ビジネスで活躍できる会計人を育成する。

銀行業、証券業、保険業や一般企業の経理・財務部門の担当者から、公認会計士、税理士といった会計専門職として活躍するための知識・能力の修得をめざします。簿記、財務会計、管理会計等に関する科目を体系的に学修します。

めざす進路

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 国税専門官

めざす進路

  • 銀行業
  • 証券業
  • 保険業

めざす進路

  • 企業の経理・財務部門

会計専門職コースの特長

公認会計士・税理士試験合格をめざす。
01 少人数の学びで実践力を身につける「会計学特別演習」
ICTを駆使した企業分析を通じて会計専門職に必要な実践力を養う。

経営学部の特色の一つである少人数教育。公認会計士・税理士などの高度会計専門職をめざすため、2年次以降の「会計学特別演習」では少人数によるゼミ形式で実在する企業の財務諸表を分析し、実情を推察するなど実践的な会計知識を身につけます。

02 豊富な会計学関連科目

正課授業で豊富な会計学関連科目を用意しており、会計学に関する知識を広く深く学ぶことができます。

主な関連科目
  • 会計学
  • 管理会計論
  • 原価計算論
  • 監査論
  • 財務会計論
  • 連結会計論
  • 税務会計Ⅰ・Ⅱ
  • 経営分析Ⅰ・Ⅱ ほか
03 会計学特別演習×Sコースで、
公認会計士の現役合格を実現。

卒業生

会計学特別演習では、実際の企業分析を行うことで実践的な学修を深め、Sコースからの派遣で通った専門学校では、公認会計士試験に向けて専門的な学修ができました。このような複合的な学修が実り、3年生で現役合格を果たすことができました。

大平 夕さん

公認会計士試験 現役合格/有限責任あずさ監査法人 川口 将輝さん 経済学部 経営学科 香川県立坂出商業高校出身

商品・サービスの企画をはじめ、物流・広告宣伝まで、流通のプロセスを学び、「売れる仕組み」を解明。
PICKUP 科目紹介
銀行論(銀行制度)・(銀行政策)
財務会計論

企業の情報開示制度の中心的手段である財務諸表について、制度が成立する歴史的背景を理解し、各財務諸表要素の認識、測定および表示・開示に関する基本的思考を中心に検討します。

管理会計論

予算差異分析をはじめとする管理会計の基礎を修得したうえで、企業の事例をもとに管理会計領域の発展的・応用的領域として、戦略管理会計と意思決定会計を学修します。

教員紹介

財務会計・国際会計の専門家という視座から将来に役立つ「使える会計学」を指導。

財務会計と国際会計を専門とし、中でも企業が従業員などに報酬として付与するストック・オプションについて研究しています。会計処理が必要とされない時代を経て国際的に費用計上が義務付けられたストック・オプション。現在も残る未統一な領域に焦点を当てながら、会計基準のあるべき姿やグローバルな諸問題について考察しています。講義では、就職活動の企業分析や将来の仕事に必ず役立つ「使える会計学」を指導。数字から経済や社会を読み解く「教養」としての価値も伝えます。

引地夏奈子教授

博士(商学)

引地 夏奈子 教授

在学生インタビュー

公認会計士に合格できたのは、生きた会計学で思考力を鍛えられたから。

3年生の時に公認会計士試験に現役合格できたのは、「会計学特別演習」とSコースを通じて思考力を鍛えられたから。特に「会計学特別演習」では、学問上の会計学ではなく実社会における生きた会計学を学ぶことができ、深い思考力を養うことができました。その思考力を活かして取り組んだのが、卒業論文です。研究テーマは、企業買収価格と純資産額との差額「のれん」の会計処理。従来からある規則的償却と減損処理を考察し、会計情報の意思決定有用性を向上させる新たな処理方法まで提案しました。これからも論文を書き続け、会計学を研究していきたいです。

卒業研究テーマ
のれんの会計処理に関する一考察
~ 新たな会計処理の提案 ~

履修モデル

履修モデルPDFダウンロード

※この表は2020年度入学生のカリキュラムに基づいて作成したものであり、内容は一部変更となる場合があります。

履修系統図

履修系統図PDFダウンロード

※この表は2020年度入学生のカリキュラムに基づいて作成したものであり、内容は一部変更となる場合があります。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス