経営学科の各ゼミによる研究成果を発表する「経済学部経営学科学生研究発表大会」(2019年11月28日開催)。
経営学科生だけで実施するのは初めてとなり、総勢41名・組がエントリー。各会場では、学生たちの熱いプレゼンが行われました。

経営学部学生研究発表大会とは

日頃の研究や学修の成果を発表し、キャリア形成につなげる

  • (1)学生が演習において明確な目標を持ち、それに向けてモチベーションを維持しながら活発に取り組むことができるように、1つのゴール地点として学修・研究成果を発信する機会を提供する。
  • (2)学生が取り組んできた学修・研究を、他者からのコメントやアドバイスを通して、さらに発展させるとともに、演習クラスの垣根を越えた交流を通して互いが刺激を受ける機会を提供する。
  • (3)学生が「ここまで取り組んだ」という達成感を味わうことにより、自信とさらなるやる気を引き出し、新たな目標を見出す機会を提供する。
  • (4)学生が主体となってプレゼンテーション(準備から発表まで)に取り組むことにより、学修面だけではなく、社会人基礎力の育成(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)、キャリア形成(就職活動など)において、大きな強みと自信につながる機会を提供する。

2019年度は41組が参加、
優勝を目指してプレゼンテーションを繰り広げました

2019年度学生研究発表大会は、2~4年生の41組がエントリー、経営学、商学、会計学それぞれの分野で発表を行いました。各発表を聞きに来た学生は総勢419名に上り、教員審査員や学生たちの見守る中、各チームの発表者は緊張しながらも、堂々とした発表を展開していました。参加者は、研究発表大会の参加に向け研究課題にチームで向き合うことで、研究テーマの探求や、チームでプロジェクトに取り組むというような貴重な体験を得られました。

2019年度受賞者

4年生


1
のれんの会計処理に関する一考察 ―新たな会計処理の提案―

2
中国における「国の競争優位」

3
デジアナ文具とはどのように生み出されたのか?

3年生


1
Instagramによるマーケティングと新たな可能性
チーム名 Dino

2
日本におけるeスポーツの市場戦略
チーム名 ピスセル

3
ホールディングスの有用性
チーム名 コネクト


高級食パンの「市場創造」乃が美のマーケティング戦略
チーム名 高級食パンチーム


LIFE IS MONEY
チーム名 将来の不安なくし隊

2年生


1
会計基準変更が投資家の意思決定に与える影響-RIZAPの事例から-
チーム名 カンジーノ

2
ふるさと納税と地域活性化
チーム名 ふるさと納税

3
フランチャイズ加盟店 セブンイレブン
チーム名 ナカノチーム


メルカリ人気とは?
チーム名


ポップコーンパパの販売促進
チーム名 お菓子クラブ


情報ネットワーク時代における読書好き大学生のペルソナ像
チーム名 ベーコンレタスポテト