法学部教授

西口 善規 Yoshinori Nishiguchi

キャリアセンター所長メッセージ

本学は、実践の中から真理を探求する実学の精神を持った人材の育成を謳っています。即ち、自ら考え行動する責任感と他者との連帯感を持ち、豊かな社会の実現と幸福の追求に寄与していく人材を輩出していくことだと考えています。そして、学生の皆さんの誰もが社会活動の担い手として活躍する人材となるよう、サポートしていく役割を担っているのがキャリアセンターです。

学生の皆さんは、“やりたいこと、やってみたいことを実現したい。” “やりたいが何をやれば良いのかわからない。” “やりたいことが見つからない。”といった悩みが、大なり小なりあると思います。中には将来についてしっかりと目標や目的をもって学修している学生もいます。
大学での学びは、自分の将来や社会で起きていることに興味を持つことから、色んな発見や気づき、閃き、進路実現に向けたチャレンジ精神、社会人としての自立、自律することと他者を思いやる精神を持つことです。そこには責任感も伴いますが、自信をもって行動できる誇りと使命感をもって、社会のために、人のために役立つ社会の一員として活躍してほしいと思います。

大阪経済法科大学 法学部教授
西口 善規