2020.12.10 トピックス 学生消防隊-SAFETY- 八尾市消防本部連携、ZOOM講演会実施 キャリア・就職 社会連携

令和2年11月21日(土) 、八尾市消防本部の協力のもと、本学学生消防隊(SAFETY)を対象にした、災害や防災活動に関する講演(ZOOM)を実施しました。
 

学生消防隊初のオンラインでの防災講演

学生消防隊では、例年4月に本学キャンパス内にて総合訓練を実施してきました。しかし、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮し、参加者の安全面を最優先に考え、オンラインによる防災講演を実施しました。

講演では、近年の災害状況や、現場での消防士の役割について、八尾市消防本部の方から、実体験をもとに紹介がなされました。その中で、SAFETYのような地域の防災組織の活動や、地域住民の防災意識を高めることが災害に備える上で非常に重要であることを学び、隊員達は活動への意欲を高める貴重な機会となりました。
また、消防士や警察官を目指す学生にとっては、現場で活躍する消防の方と直接話せる機会となり、公務員公安職として働く上で求められる資質や役割、人間性についても学ぶことができました。


 

学生消防隊の活動について

大阪経済法科大学では、2016年、八尾市消防本部との連携の下、学生消防隊(SAFETY)が発足し、「学生を地域防災力の次世代の担い手として育成する」、「学生が地域防災活動の一翼を担うことで、実践的キャリア教育の機会を得る」ことを目的として活動を続けて、今年度で5年目を迎えました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、従来行っているボランティア活動などが十分に実施できない日々が続いていますが、今後の活動の再開に向け、今回の講演を通して学んだことを、地域防災訓練で発揮してくれることを期待します。