トピックス TOPICS

留学・国際交流 2017.10.16

国際学部基礎演習の合同授業で2017年度夏季海外渡航発表会を実施

 10月12日(木)に国際学部1年生の基礎演習合同授業で、2017年度夏季海外渡航発表会を実施しました。
 本学国際学部では、1年次に全員、海外に渡航をします。海外での集中的な学修と海外体験を通じて、英語運用能力、コミュニケーション能力、異文化理解力、国際協働力を高めます。更に学修を支える動機の形成と学修意欲の向上を図ります。

海外渡航で自分を知り、これからの学びの動機につなげる

 国際学部の夏季海外渡航プログラムは、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、中国、韓国、マレーシアの6か国で、学生が選択した渡航先で各種取組を行いました。今年度は、8月~9月にかけて国際学部1年生が海外に渡航し、フィールドプロジェクトや語学研修に参加しました。全員が無事に帰国し、海外での新たな気づきを共有することができました。
 今回渡航しなかった学生は、2~3月の春季海外渡航プログラムに参加する予定です。

白熱した発表内容に英語で質問も

 学生は、それぞれの渡航先での体験や学修内容を報告しました。時には動画を織り交ぜた学生の報告を聴き、国際学部1年生全員が、各プログラムでの体験を共有しました。学生が一番印象に残っているのがそれぞれの地域における異文化体験です。聴講している学生も熱心に学生の発表を聞いていました。白熱した発表内容に、学生から英語で質問が投げかけられる場面もありました。

充実した奨学金と多彩なプログラムで再度海外へ

 国際学部では、学生の海外へのチャレンジを支援しています。学生の希望を叶える多彩なプログラムと、海外での学費を支援する奨学金の整備も充実しており、複数回・複数国の海外渡航を推奨しています。海外での体験を通じて、国際感覚やコミュニケーション力、文化的な背景が異なる人たちと協働で物事に取り組める力等を、学生が自然に身につけられるようにしています。

このページを他の人と共有する