教育/学部・大学院 教員紹介

前鶴 政和教授/経済学部長MAEZURU, Masakazu

経済学部

学位 博士(経済学)
最終学歴 筑波大学大学院社会科学研究科
主な
担当科目
産業組織論(独占)
担当演習 演習Ⅱ・Ⅲ

研究活動

研究分野

産業組織論、環境経済学(環境政策の経済学的分析)

研究テーマ

地球温暖化問題 排出権取引

所属学会

  • 日本経済学会
  • 日本地域学会
  • 日本応用経済学会

学会報告

  • 1.「国際排出権取引とロビイングについて」2014年度日本経済学会春季大会、同志社大学、2014年6月15日
  • 2.「国際気候政策に対するロビイングの影響について」日本地域学会第50回(2013年)年次大会、徳島大学、2013年10月12日
  • 3.「垂直的関連市場における排出削減政策と環境ロビイングについて」2011年度日本応用経済学会秋季大会、慶應義塾大学、2011年11月26日
  • 4.「国際寡占競争下における環境保護主義と国際環境政策について」2010年度日本応用経済学会秋季大会、高崎経済大学、2010年11月13日
  • 5.「国際寡占競争下における環境政策と環境ロビイングについて」日本地域学会第47回(2010年)年次大会、政策研究大学院大学、2010年10月10日
  • 6.”The Political Economy of International Environmental Policies”The 39th Annual Conference of the RSAI-BIS, Marriott Hotel, Glasgow, 27 August, 2010.

著書・論文

主な論文

  • 1.「越境汚染,戦略的環境政策とロビイングについて」『応用経済学研究』vo.8, 2014.
  • 2.「垂直的市場構造下における環境政策の政治経済学的分析」『地域学研究』vol.44, no.4, 2014.
  • 3.「越境汚染,排出削減投資と環境ロビイングについて」『地域学研究』vol.42, no.3, 2012.
  • 4.「環境保護主義と国際環境政策について」『応用経済学研究』vol.5, 2011.
  • 5.「環境ロビイング・産業ロビイングが国際寡占競争下における環境政策に及ぼす影響について」『地域学研究』vol.41,no.4, 2011.
  • 6.「国家間の非対称性と環境規制の国際協調について」『地域学研究』vol.41, no.2, 2011.
  • 7.「越境汚染と国際環境政策の確率微分ゲーム分析」『地域学研究』vo.40, no.2, 2010.
  • 8.「越境汚染と環境規制に関する確率微分ゲーム分析」『大阪経済法科大学経済学論集』vo.33, no.2/3, 2010.
  • 9.「不確実性下における環境政策の国際協調について」『応用経済学研究』vol.3, 2009.
  • 10.「不確実性下における越境汚染と国際環境政策の動学分析」『大阪経済法科大学経済学論集』vol.32, no.2/3, 2009.
  • 11.「不確実性下における排出削減投資と環境政策について」『大阪経済法科大学経済学論集』vol.31, no.2/3, 2008.
  • 12.「不確実性下の国際寡占市場における排出削減R&Dについて」『地域学研究』vol.38, no.2, 2008.
  • 13.「不確実性下における越境汚染と環境政策について」『応用経済学研究』vol.2, 2008.

メッセージ

経済学は、皆さんの生活にも深く関連する学問です。経済学の幅広さ、深さ、そして楽しさを共に学びましょう。

経済学部経済学科の教員

経営学部経営学科の教員

国際学部国際学科の教員

法学部法律学科の教員

教養部の教員

大学院経済学研究科の教員

教員紹介