教育/学部・大学院 教員紹介

藤原 幸則教授FUJIWARA, Yukinori

経済学部

学位 修士(法学)
最終学歴 大阪大学大学院法学研究科
主な
担当科目
都市経済論、交通概論、財政学、地方財政論、公共経営論

研究活動

研究分野

災害リスク管理/財政学/産業連関分析

研究テーマ

財政の持続可能性/社会資本整備の効果分析

所属団体

  • 一般財団法人アジア太平洋研究所上席研究員
  • 大阪大学大学院法学研究科招へい教授

所属学会

  • 日本経済学会

著書・論文

主な著書

  • 1.(共著)『変貌するアジアの交通・物流』技報堂出版、2010年、pp.143
  • 2.(共著)『アジア太平洋と関西 関西経済白書2018』丸善プラネット、2018年、pp.151
  • 3.(共著)『アジア太平洋と関西 関西経済白書2019』丸善プラネット、2019年、pp.114、pp.175
  • 4.(共著)『アジア太平洋と関西 関西経済白書2020』日経印刷、2020年、pp.122、pp.152、pp.193、pp.204、pp.211

主な論文

  • 1.アジア太平洋研究所研究報告書『災害リスク管理の視点からの社会システムのあり方』, 2020.
  • 2.「コロナ禍後の財政健全化に向けて」『APIR Trend Watch』no.62, 2020.
  • 3.「最低賃金をどう決定するか」『APIR Trend Watch』no.63, 2020.
  • 4.「新型コロナウイルス対策で見えた地方の財政力格差」『APIR Trend Watch』no.64, 2020.
  • 5.『コロナ危機下における企業の財務調整」『APIR Trend Watch』no.73, 2020.

メッセージ

民間企業、経済団体、シンクタンクでの勤務経験を活かし、現実社会の課題の把握と解決策の模索を重視しています。講義では、基礎理論を学びつつも、現実社会の課題に対して、あなたならどういう政策をとるべきと考えるか、そうした思考をめぐらせてください。講義での積極的な意見を期待しています。

経済学部経済学科の教員

経営学部経営学科の教員

国際学部国際学科の教員

法学部法律学科の教員

教養部の教員

大学院経済学研究科の教員

教員紹介