トピックス TOPICS

教育研究 2020.09.09

日本語オンラインテスト「J-CAT」を本学留学生が受験

 8月24日~8月30日までの期間で、本学留学生が日本語オンラインテスト J-CAT(Japanese Computerized Adaptive Test)を受験しました。国内外から多数の留学生が受験し、春学期の成長を振り返りました。

自身の成長を振り返る機会に

 今年は、新型コロナウィルスの感染が拡大する中で各種資格試験の中止が相次ぎ、日本語能力試験も前期の試験が中止となってしまいました。この試験を目指して日本語学修に励んできた学生達にとっては自身の日本語力を試す貴重な機会を失ったことになります。また、海外にいる留学生からは、日本との接点がオンラインのみとなってしまったことに加えて、自身の日本語力を確かめるチャンスが少なくなってしまったという不安の声も多く聞かれました。
 そんな中で、留学生一人ひとりが、自身の成長を振り返り、今後の課題と新たな目標をみつけるための機会を設けるべく、日本語オンラインテストJ-CAT試験を企画しました。国外からも多くの留学生が申し込み、試験に挑んだことから、どんな状況でも成長し続けようとする留学生たちの熱意を感じる結果となりました。
 受験した留学生からは、以前のスコアと比較して一喜一憂する声の他にも、「コロナ流行の中でも日本語力を確かめる機会があってうれしい」「次の試験に向けて学習計画を立てるいい機会になった」との声が聞かれました。

学びを止めず、明るい未来へ

 試験結果を受け取った後には、受験者一人ひとりに日本語科目担当教員からの学習アドバイスが配布され、また、希望者にはZoom面談も実施。「受験して終わり」ではなく「次への助走」としてこの機会をとらえ、大きな成長につなげられるよう、全力でサポートしています。
 苦しい中でも続けた努力はきっと花を咲かせます。コロナ渦でも学びを止めず進み続けたその先に、みなさんの明るい未来が待っているはずです。

このページを他の人と共有する