トピックス TOPICS

キャリア 2019.12.09

留学生のための就活セミナー「留学生就活-SYUKATSU-集中セミナー」開催

 2019年11月30日(土)、本学に在籍する外国人留学生(学部3年生と大学院1年生)を対象とする「留学生就活-SYUKATSU-集中セミナー」が開催されました。このセミナーは、外国人留学生を取り巻く日本の雇用情勢の変化並びに本学留学生の国内就職志向の高まりに伴い、対象を留学生に絞ったキャリア支援行事として企画・実施されたものです。

マナー講座や模擬面接、合同説明会など盛りだくさん

 午前中は日本の就職活動についてのガイダンスが行われました。ここでは、日本における就職活動の流れや採用時期、情報収集の仕方、留学生の採用動向など、就職活動に向けた基本的な事項を学びました。これから始まる就職活動に向けて、熱心にメモを取る姿に学生たちの熱意が感じられます。さらに、ビジネスマナー講座も実施。身だしなみや姿勢、面接における入室の仕方なども細かく指導を受けました。

 午後に実施された個人面接練習には教職員だけでなく、企業の採用担当者も面接官として参加し、本番さながらの緊張感のもとで行われました。事前に準備した自己PRのメモを何度も読み返す学生、マナー講座で学んだ面接での振る舞いを一人繰り返す学生など、個人面接を待つ留学生の姿もそれぞれです。ある留学生は、個人面接と講評の結果にすっかり落胆していたところを先輩の学生スタッフに励まされ、笑顔で次の会場へと向かいました。
 今回試験的に取り入れたのが英語による個人模擬面接です。面接は希望者を対象に実施されましたが、すべての学生が高い英語力を示しました。
 集中セミナーの最後には、企業合同説明会が実施されました。活気あふれる雰囲気の中、重要な情報を聞き逃すまいと、企業のブースで熱心に耳を傾ける姿が印象的でした。

先輩に留学生特有の悩みを相談

 セミナーでは日本で就職または起業をした本学卒業留学生との交流会も行われました。個人面接で緊張していた学生も、ここでは和やかな表情で先輩の話に聞き入り、また積極的に質問する様子も見られました。外国人留学生にとって日本の「就活」を理解し、それを勝ち抜くことは決して楽なことではありません。「就活」に挑むにあたり、不安や悩みを持つ学生にとっては、実際に日本で働く先輩からさまざまな体験談やアドバイスを聞くことで、今後の就職活動や就職後のイメージをつかむ貴重な時間となりました。

 すべての日程を終えて大学を出るとき、多くの留学生が「楽しかった」「有意義だった」「またやってください」とこの日の感想を笑顔で語ってくれました。日本での就職を決め、自身の希望をかなえたとき、さらにいい笑顔を見せてくれるはずです。

このページを他の人と共有する