トピックス TOPICS

教育研究 2015.06.16

共通教育科目「現代社会とビジネス」で「社会的企業」をテーマに特別講義を実施

 共通教育科目「現代社会とビジネス」では、株式会社美交工業専務取締役・福田久美子氏をゲストスピーカーとしてお招きし、特別講義「社会のためにはじめたことが会社のためになった-障がい者雇用からパークマネジメントへ-」を実施しました。
 この特別講義は、6月2日(火)に八尾駅前キャンパス(オーバル)5階の501講義室にて実施されました。

地域・環境・福祉も含めたトータルで捉える管理

 美交工業は、これまで本業である清掃業をベースに、支援機関との連携をきっかけとして推進してきた障がい者や就職困難者の雇用に取り組み、工夫を凝らして彼らが活躍できる体制を築きあげてきた経緯と具体的な事例をご紹介いただきました。
 また、これまでの経験を活かして都市公園管理事業にも進出し、単なる管理だけではなく、地域・環境・福祉も含めたトータルで捉える管理のあり方を実践されてきました。以上の講義を通して、社会的企業のあり方について考える貴重な機会となりました。

 学生のキャリア形成支援科目の1つとして開講されている「現代社会とビジネス」では、今後もさまざまな企業や団体の経営者、役員の方々をお招きして講義を展開していきます。

このページを他の人と共有する