トピックス TOPICS

教育研究 2018.11.02

法学部1年生の大学演習で公務員キャリアガイダンスを実施

 10月30日(火)、法学部大学演習(1年生ゼミ)のクラス合同企画として、大阪府警察本部警務部警務課 長野伸昭氏と八尾市総務部人事課 岩崎佐知子氏のお二人をゲストに招いたキャリアガイダンスが開催されました。

府民の安全・安心のために働く、警察官の仕事

 まず、大阪府警の長野氏より、警察の仕事についてご説明がありました。警察の職務や組織、キャリア制度などについてのご説明の他、警察官として働くこと、警察官に求められている役割など、様々な話題についてお話をしていただきました。
 警察官のやりがいや責務について、ご自身の経験談を用いて、熱くお話をしていただき、学生も熱心に耳を傾けていました。

人と人とのつながりを大切にする行政職員

 次に、八尾市の岩崎氏より、八尾市が中核市となったことや、市の歴史、特産、文化、観光などについてご説明があり、続いて、公務員の仕事内容についてお話をしていただきました。そして、実際の経験について事例を挙げながら、その時に感じたこと、思ったことを細やかにお話してくださり、学生たちも聞き入っていた様子でした。最後に、これまでの経験から、人と人とのつながりが大切な仕事であるとお話をしていただきました。

講演終了後

 講演終了後の質疑応答では、学生から「入職までに身につけておくべきこと」や「仕事のやりがい」などの質問があり、それぞれご自身の経験を交えながら一つ一つ丁寧にお答えいただき、大変貴重な機会となりました。
 また終了後のコメントシートでは、「警察の仕事が深く知れてよかった」「市役所の仕事内容を具体的に聞けて面白かった」「公務員の仕事をされている方の経験談を聞き、考えていたイメージが変わった」などの感想が見られ、これからのキャリアを考えるうえで、大変興味深い経験となったようでした。

このページを他の人と共有する