トピックス TOPICS

キャリア 2017.07.04

【学生消防隊(SAFETY)】八尾市消防本部で普通救命講習を実施

 2017年7月1日に、八尾市消防本部で学生消防隊(SAFETY)の新入隊員向け救命講習を実施しました。この活動に参加した隊員は、普通救命講習修了証が付与されます。当日は36名の隊員が参加し、AEDの使用方法を含めた応急手当の方法を学びました。

普通救命講習について

 今回実施した講習は「普通救命講習Ⅰ」に相当する約3時間のプログラムで、応急手当の必要性・心肺蘇生法(成人)・AED(自動体外式除細動器)使用方法などを学びます。参加した学生は、熱心に話を聞き、実技講習に取り組みました。

はしご車体験、消防指令センター見学など実務現場も見学

 当日は救命講習と併せて、はしご車体験、消防指令センター見学も行われるなど、貴重な体験プログラムとなりました。隊員達は将来の希望進路として、消防官・警察官などの公安系公務員を志望している学生が多数おり、実務現場を見学できる機会にもなりました。

地域防災の担い手として、今後も活動に取り組みます

 今回の活動に参加した隊員達には、命の尊さに高い意識を有し,緊急時に危機対応能力を発揮してくれることを期待しています。また、学生消防隊(SAFETY)の隊員は、八尾市内各地で行われる自主防災訓練にボランティアとして参加しています。今後も引き続き、地域防災の担い手として、安全で安心できる地域づくりに貢献する決意を新たにしました。

このページを他の人と共有する