トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2016.11.09

第45回経法祭『KEIHOリンピック-君だけの金メダルを目指せ-』閉幕!

 2016年11月5日(土)・6日(日)の2日間、本学花岡キャンパスと八尾駅前キャンパス[オーバル]の2キャンパスで、第45回経法祭『KEIHOリンピック-君だけの金メダルを目指せ-』が開催され、4,000名以上の方にご来場いただきました。
 花岡キャンパス・セントラルガーデンのメインステージにて、藤本学長、矢野学生部長代理、葛西教育後援会会長、中村経法祭実行委員長による鏡割りで華々しく開幕した第45回経法祭。今年のテーマは、五輪マークの5つの輪を、学生、教員、職員、卒業生、地域の方々ととらえ、スポーツと文化が一体となった「経法祭」を開催し、ご来場いただいたすべての皆様、ご協力いただいたすべての方々に、楽しんでいただきたいという思いが込められています。

スポーツと文化が一体となった新しい経法祭に!

 メインステージでは、テレビ番組等に多数出演する人気マジシャンによる観客参加型のマジックをはじめとする人気イベントのほか、毎年恒例の音楽系クラブ生による「K-4ライブ」や、ストリートダンス部、G.G(グローバル・ガールズ)によるダンスパフォーマンス、琉舞・三線友好会によるエイサーや三線、空手道部やテコンドー部の演舞など、クラブ・サークル生によるイベントが多数開催され、会場は終始歓声に包まれていました。
 また、今年のテーマである『KEIHOリンピック』にちなみ、フリースロー大会やリフティング大会、ストラックアウト大会などのスポーツ競技も多数開催され、子供から大人まで楽しめるイベントが盛りだくさん用意されていました。

メインステージ以外にも、多数のイベントを開催!

 クロノス3階ガリオンでは、学生ボランティアサークル「学生防犯隊」による報告会が開催され、八尾市社会福祉協議会よりボランティア活動証明書の授与が行われました。
 また、文芸部や模型研究会、写真部、漫画・アニメーション研究会による展示祭や、クラブ生による囲碁教室や将棋教室など、文化会系クラブによるイベントが多数開催されたほか、学生サークル「ABRIRAS[アヴリラス](ABRIEND FRONTERAS)」が、難民支援を目的に、学生自身が訪問した「メラウー難民キャンプ」の写真や、ミャンマーの少数民族であるカレン民族が手作りしている民芸品の展示を行うなど、日頃の練習成果や研究の成果を存分に発揮していました。

オーバルでは、地元や企業の方々とのコラボレーション企画を多数用意!

 八尾駅前キャンパス[オーバル]では、経済学部の髙橋信二ゼミのゼミ生が中心となり、地元商店街や大阪中小企業家同友会八尾支部、八尾市にある商店街の魅力やイベント情報について発信する情報誌『やおセレクション』によるアンテナショップが出店され、学生と商店街、企業の方が協力しあって店舗運営を行っていました。
 また、同ゼミでは(株)藤原電子工業と八尾市産業復興会議有志の会との共同企画である「ロボットイベント」や、レオパレス21との共同企画である「ルームコーディネート」などのイベントも併せて開催しており、子供はもちろん、大人の来場者にも、童心に返って楽しんでいただくことができました。

ご来場いただいた皆様、2日間ありがとうございました

 第45回経法祭『KEIHOリンピック-君だけの金メダルを目指せ-』は、ご来場いただいた方々の楽しそうな声と、参加学生や経法祭実行委員の達成感に満ち溢れた晴れやかな笑顔で、幕を閉じました。
 ご来場いただいた皆様、経法祭にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
 ここにあらためて御礼申し上げます。

このページを他の人と共有する