トピックス TOPICS

教育研究 2015.10.07

BLP特別演習とポップコーン専門店の協働プロジェクト始動

 「BLP特別演習」(担当:呉志賢教授)では、大阪府下でポップコーン専門店「ポップコーンパパ」を展開する株式会社Dreams(代表取締役・宮平 崇氏)との協働プロジェクトをスタートしました。「BLP(ビジネスリーダープログラム)」は、様々な企業と協働での課題解決に取り組むPBL(課題解決型学習)を通じて、ビジネス知識や実践力を身につける本学の教育プログラムです。

実践的にビジネス能力を高めていくプロジェクト

 「ポップコーンパパ」は、ユニバーサルスタジオジャパン前の「ユニバーサルシティウォーク」など、府内でポップコーン専門店を3店舗経営するほか、ネット販売を展開しています。
 このプロジェクトでは、「ポップコーンパパ」のイベントや、プレゼント用のギフトボックス、店頭配布するポストカードなどの企画を行い、その過程で企画立案や予算・スケジュールの管理など、実践的にビジネス能力を高めていく事を目指しています。
 プロジェクトの実現に際しては、起業家教育やインターンシップ事業などを実施するNPO法人JAEの協力を得ています。

「ポップコーンを通して、たくさんの人に幸せを届けたい」

 先日行われたプロジェクトのキックオフでは、株式会社Dreamsの宮平代表取締役にお越し頂き、企業概要や経営理念などについてご説明頂きました。
「笑顔あふれる美味しさ、ワクワクする楽しさを提供する」「ポップコーンを通して、たくさんの人に幸せを届けたい」という宮平代表の説明に、学生たちは共感し、目を輝かせて今後のプロジェクトに思いを馳せていました。

「心温まる企画を考えていきたい」

 学生たちは「学生のフレッシュな発想を生かし、商品を買ってもらう事だけを追求するのではなく、お客様に喜んでもらえるような心温まる企画を考えていきたい」と抱負を語っていました。今後のプロジェクトの進行状況は、本学Webサイトでも随時発信いたしますので、ぜひ応援よろしくお願い致します。

このページを他の人と共有する