トピックス TOPICS

留学・国際交流 2015.06.02

留学生とコミュニケーションしながら英語力アップ!「ENGLISH SQUARE」始動!!

 国際部では、昨年度から、学生の英語でのコミュニケーション能力向上を目的とした課外講座「ENGLISH SQUARE」を実施しています。ここには“海外留学を控えている”、“TOEIC・TOEFL・IELTS・英検などの資格取得を目指している”、“英語で留学生と交流したい”など様々な動機を持つ学生たちが集い、各々のレベルアップに取り組んでいます。
 講師は英語が堪能な留学生たちが務めます。本学の学生であれば、事前申し込みも必要ないので、だれでも気軽に参加できるようになっています。
 レッスンは、ビギナークラス(初級、中級)とチャレンジクラス(中上級と上級)の2クラス。学生同士ということもあり、内容も「テーマに沿って楽しくおしゃべり」を基本としています。

2015年度は3ヵ国4名の学生が本講師役を買って出てくれました

(1) Alex (アレックス):モルドヴァ出身
 ウクライナ・キエフ国立大学からの留学生
(2) Carolina(カロリナ):ウルグアイ出身
 ウルグアイ共和国大学からの留学生
(3) Ibraz(イブラズ):マレーシア出身
 マレーシア国立大学のからの留学生
(4) Fara(ファラ):マレーシア出身
 マレーシア国立大学のからの留学生

「まず聞くこと、そして話すことです。座学はここにありません。」

 「コミュニケーションの基本は、まず聞くこと、そして話すことです。座学はここにありません。」2015年度のSQUAREは、学生講師のこの一言から始まりました。初回のレッスンに参加した10名の学生は、英語を話すことに慣れること(持久力の鍛錬)をめざし、終始楽しい雰囲気の中で「英語でのおしゃべり」を楽しみました。
 レッスン中の会話はすべて英語。その他の言語の使用は一切「不可」です。普段は学友たちと日本語でコミュニケーションをとっている留学生=講師はレッスンが始まると態度が一変、ネイティブさながらの英語を話し出しました。これには受講生たちも相当驚いた様子でしたが、レッスンが進むにつれてすっかり打ち解け、最後には皆が一つの輪になり、楽しそうに「おしゃべり」していました。

伝えたいことを言葉にできない悔しさ、それがバネに

 受講生には中国・ベトナムなどの留学生も参加しており、日本を含む6ヵ国の学生たちが、英語で互いの国のこと、自分自身のこと、勉強や恋愛のことなどについて、遅くまで語り合いました。
 楽しい歓談の様子とは裏腹に、レッスン終了後には、「伝えたいこと」を十分に表現できず、なかなか言葉にできない「悔しさ」を語る学生たちの姿がありました。その「悔しさ」がバネになります。彼らの今後の成長が楽しみです。

ENGLISH SQUAREは以下の通り実施中です

ビギナークラス〈毎週水曜日16:30~18:00〉花岡キャンパスE号館4階「Global Room」
チャレンジクラス〈毎週木曜日16:30~18:00〉八尾駅前キャンパス5階506号室「アクティブ・ラーニング教室」

〈お問い合わせ先〉国際部(花岡キャンパスE号館1階)E-mail: kokusai@keiho-u.ac.jp、電話番号: 072-941-5597

このページを他の人と共有する