トピックス TOPICS

教育研究 2014.10.14

本学学生が日本ピア・サポート学会研究大会で学生サポート活動について発表

 2014年10月12日、日本ピア・サポート学会第13回研究大会に本学から3名の学生が参加し、日頃の活動について発表を行いました。
 ピア・サポートとは、教職員の指導・援助のもとに、学生相互の人間関係を豊かにするための場を各大学の実態に応じて設定し、そこで得た知識やスキル(技術)をもとに、仲間を思いやり支える実践活動のことを指します。

本学における取り組みの内容を発表

 研究大会では、本学で実施されているピア・サポート活動の効果について、法学部3回生の竹田智久さんと池田龍彦さんが、『1回生と上回生との関わり-上回生の関わりがいかに大学への帰属意識につながるか-』、法学部2回生の横川媛子さんが、『ピア・サポート活動について-オープンキャンパスの取組み』を報告しました。会場からは多くの質問や評価を得ることができました。

他大学・学校との教職員や学生とも情報交換

 情報交換会では、他大学教職員の方々や、小・中・高等学校の教員の方々から、お声をかけていただくとともに、ピア・サポート活動をおこなっている他大学の学生たちとの交流を深めるなど、非常に意義のある機会となりました。(写真:情報交換会を終えた本学学生発表者3名)

このページを他の人と共有する