トピックス TOPICS

教育研究 2013.10.09

本学及び全国8会場で「秋の父母懇談会」を開催

 本学では、保護者の皆様と本学教職員が本学の教育活動や在学生の日頃の学修状況などについての懇談を行う「父母懇談会」を毎年開催しています。
 今年度も、9月下旬に本学をはじめ全国8つの会場にて実施し、多数の保護者の方にご参加いただきました。
 9月29日に行われた本学会場では、保護者の皆様と教職員との懇談のほか、特別講演及び学生によるキャンパスツアーが行われました。

「就活を行う子を持つ親」のための特別講演

 特別講演は午前と午後の2回、「就活を行う子を持つ親」を対象とした内容で行われました。
 午前は、株式会社マイナビ副編集長の土山勇氏による「大学生の就職環境と企業が求める人材」というテーマで講演が行われ、現在の就職状況を踏まえながら、企業の採用基準と保護者がサポートできることについてご解説頂きました。
 午後は、株式会社NCSA(旧「日本キャリアサポート協会」)代表取締役の安川直志氏(キャリアコンサルタント)による「良い企業の見分け方と保護者ができるサポート」というテーマで講演が行われ、「良い企業を見分ける前提として、30%いると言われる早期離職の現状と、そのような状況を防ぐために保護者としてどのようなサポートや助言を行うべきかについてお話頂きました。
 講演に参加された保護者の方々は一様に聞き入っておられました。終了後も「家庭で子どもと話し合う際に参考にしたい」「厳しい時代ではあるが、長く勤められるよい企業を選ぶようにアドバイスしたい」などのご意見を頂きました。

在学生によるキャンパスツアー

 講演後、休憩時間を利用しての「在学生によるキャンパスツアー」が行われました。普段キャンパスを利用する在学生たちがガイド役を務め、自分達がキャンパス内でどのような学生生活を送っているかなどを具体的にご紹介しながら、各施設をご案内しました。

地方父母懇談会は全国8か所で開催

 地方父母懇談会は、金沢・和歌山・岡山・広島・高松・高知・博多・那覇の全国8か所で開催されました。地方会場でも、本学の教育活動や在学生の日頃の学修状況などについての懇談のほか、キャリア支援課職員による「地方における就職状況」に関する個別説明が行われました。また、地元の企業で働く本学OBとの交流会も催されました。

演習担当教員が各学生の学修状況などを個別にご説明

 個人懇談では、学生が所属する演習の担当教員が、各学生の日頃の学修状況などについて個別にご説明したほか、今後の学修の指針や家庭での指導方法等についてのご意見・ご相談などを頂きました。懇談後には資格講座や就職、国際交流などに関する取組みをご紹介する個別ブースにも参加され、興味や関心のある分野について担当職員から説明を受けていました。

このページを他の人と共有する