地域連携

公開シンポジウム・公開講演会

毎年、各学部や研究所主催の開催する公開シンポジウムや学術講演会を学内外で開催し多くの市民の方に参加いただいています。

2016年度

学術講演会1

日時
2016年7月19日(火) 10時40分~12時10分
会場
花岡キャンパスクロノス3F・ガリオン/dd>
テーマ
現代中東情勢の歴史的淵源としてのオスマン近代
<講師>

上野雅由樹氏(大阪市立大学文学部文学研究科講師)

ページのTOPへ

2015年度

公開シンポジウム1

名称
北東アジアネット第9回フォーラム&シンポジウム NEAS-Net:Northeast Asian Studies & Exchange Network
会期
2014年9月27(土) - 28日(日)
会場
大阪経済法科大学八尾駅前キャンパス6F
テーマ
東アジア共同体の形成を目指して

学術講演会1

日時
2015年7月17日(金)
会場
八尾駅前キャンパス603教室
テーマ
「戦後日本の安保体制の変化と東アジアの平和構造」
<講師>

孫崎 亨(元外務省国際情報局長)

学術講演会2

日時
2015年11月8日(日)16時00分~17時00分
会場
A号館1階101講義室
テーマ
里山資本主義と高安地域
<講師>

藻谷浩介(日本総合研究所主席研究員)

学術講演会3

日時
2015年11月24日(火)10時40分~12時10分
会場
大阪経済法科大学花岡キャンパス5200号室
テーマ
原発と人権 -憲法を中心に-
<講師>

魏栢良(21世紀社会総合研究センター客員教授)

ページのTOPへ

2014年度

公開シンポジウム1

日時
2014年10月18日(土)14時~16時
会場
大阪経済法科大学 クロノス3F・ガリオン
[第1部]謡試演
テーマ:八尾・高安と能楽のかかわりを探る講座 - 復曲「高安」について
出演者:高安勝久(能楽高安流ワキ方十四世宗家)、山中雅志(観世流シテ方)生一知哉観世流シテ方重要無形文化財綜合指定保持者)
[第2部]「高安」の復曲研究についてのアフタートーク
登壇者:西野春雄(能楽研究家、法政大学名誉教授)、高安勝久(高安流ワキ方十四世宗家)、山中雅志(観世流シテ方)

公開シンポジウム2

日時
2014年11月9日(日) 14時00分~16時00分
会場
花岡キャンパス5号館1F 5100教室
テーマ:高安の里の自然再生と地域活性化を考える
コーディネーター:養父志乃夫(和歌山大学システム工学科 教授、自然再生学会会長)
パネラー:三笠孔子(豊岡市コウノトリ共生課長)、斉藤暁(八尾市農業組合委員)、田村省二(環境省近畿地方環境事務所)、加納義彦(大阪経済法科大学教養部教授、ニッポンバラタナゴ高安研究会代表)、齊藤侊三(森林インストラクター阪奈会)

公開シンポジウム3

名称
第30回日ロ極東学術シンポジウム(公開討論会)(Japan- Russian Far East Academic Symposium)
会期
2014年11月29(土)-30日(日)室
会場
大阪経済法科大学八尾駅前キャンパス6F
テーマ:東アジアにおける日本・ロシア・中国関係

学術講演会1

日時
2014年7月10日(木)  13時00分~14時30分
会場
八尾駅前キャンパス603教室
テーマ
「モノづくり企業を活性化する4つの秘訣」~ネジザウルスGTの開発から得られた「MPDP」
<講師>

高崎充弘氏(知的財産教育協会中小企業センター センター長)

学術講演会2

日時
2014年12月18日(木) 13時00分~14時30分
会場
八尾駅前キャンパス603教室
テーマ
「百年企業の条件」
<講師>

南草 利充氏(大手前人事労務総研代表)

学術講演会3

日時
2015年1月28日(水)13時00分~14時30分
会場
大阪経済法科大学クロノス3F・ガリオン
テーマ
『自由』はいかに可能か
<講師>

苫野 一徳(熊本大学教育学部)

ページのTOPへ

2013年度

公開シンポジウム1

日時
2013年10月19日(土)10時30分~12時30分
会場
大阪経済法科大学 クロノス3F・ガリオン
[第1部]講演会
テーマ:八尾・高安と能楽の関わりを探る講座
講 師:棚橋利光(高安能未来継承事業推進協議会会長)、西野春雄(能楽研究家、法政大学名誉教授)
[第2部]パネルディスカッション
テーマ:「高安能の今後の展望~未来継承に向けて~」
パネラー:西野春雄(前掲)、棚橋利光(前掲)、高安勝久(高安流ワキ方十四世宗)

公開シンポジウム2

日時
2013年11月10日(日)13時30分~15時00分
会場
花岡キャンパス5号館7F 5701教室
テーマ:高安の里の自然再生を考える-高安自然再生協議会の設立に向けて-
コーディネーター:養父志乃夫(和歌山大学 システム工学科教授)
パネラー:加納義彦(大阪経済法科大学 教養部教授)、中山良太(環境省近畿地方環境事務所)、河村功一(三重大学生物資源学研究科 准教授)、齊藤侊三(森林インストラクター 阪奈会)

学術講演会1

日時
2013年6月27日(木)13時00分~14時30分
会場
八尾駅前キャンパス・オーバル 701教室
テーマ
「TPP(Trans-Pacific Partnership)と日本経済~中堅・中小企業経営の動向~」
<講師>

高田雄司(地域総合研究所客員教授)

学術講演会2

日時
2013年11月4日(月)10時40分~12時10分
会場
八尾駅前キャンパス・オーバル 901教室
テーマ
「GIS(地理情報システム)を用いた地域分析の可能性」
<講師>

井田 憲計氏(桃山学院大学大学院経済学研究科准教授)

ページのTOPへ

2012年度

公開シンポジウム1

日時
2012年10月20日(土)14時~16時
会場
大阪経済法科大学 クロノス3F・ガリオン
[第1部]講演会
テーマ:八尾・高安と能楽の関わりを探る講座-「地元発祥『高安流』を探る」 
講 師:小谷利明(八尾市立歴史民俗資料館)
[第2部]パネルディスカッション
テーマ:時を経た流派と高安
パネラー: 高安勝久(高安流ワキ方十四世宗家)、小谷利明(八尾市立歴史民俗資料館)、山中雅志(観世流シテ方)、浅見 緑(大阪経済法科大学教養部教授)

学術講演会1

日時
2012年6月28日(木)13時00分~14時30分
会場
八尾駅前キャンパス・オーバル 701教室
テーマ
「阪神タイガースと吉本と大阪経済」
<講師>

宮本勝浩(関西大学会計専門職大学院教授)

学術講演会2

日時
2013年1月21日(月)13時~14時30分
会場
八尾駅前キャンパス・オーバル 401教室
テーマ
「平和貢献としての開発援助 -ネパールを中心に-」
<講師>

谷川昌幸(ARDEC-Nepal顧問、元長崎大学教授)

ページのTOPへ

2011年度

公開シンポジウム1

日時
2011年10月22日
会場
大阪経済法科大学 クロノス3F・ガリオン
テーマ
「能楽高安流発祥の地」
[第1部]講演会
演題-浄瑠璃翻訳本と富士太鼓
講師-棚橋利光(高安ルーツの能実行委員会会長、元八尾市立歴史民俗資料館長)
[第2部]パネルディスカッション
テーマ-番外曲「高安」とこの地の風景-
パネリスト-今泉隆裕氏、橋場夕佳氏、坂上弘子氏、山中雅志氏、浅見 緑氏
司会進行-橋本 久氏
なお、当日は、午後6時30分より同会場にて、能の演舞(演目:富士太鼓)もあり、多くの市民の方にご参加いただきました(主催:高安ルーツの能実行委員会 共催:大阪経済法科大学)

学術講演会1

日時
2011年6月22日
会場
大阪経済法科大学 クロノス3F・ガリオン
テーマ
「八尾・高安と能楽」
<講師>

山中雅志氏(観世流能楽師)

学術講演会2

日時
2011年11月22日
会場
大阪経済法科大学 クロノス3F・ガリオン
テーマ
「橋本改革と「大阪秋の陣」の行方」
<講師>

松室 猛氏(地域総合研究所客員教授)

ページのTOPへ

2010年度

学術講演会1

日時
2010年7月21日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
「寺内町の歴史を生かしたまちづくり」
<講師>

高垣 匡徃(久宝寺寺内町まちづくり推進協議会前会長)

学術講演会2

日時
2010年12月2日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
「ネットワーク分析から分かる八尾市の産業集積の強みと特徴」
(八尾市の産業集積に日本の製造業を活性化するヒントがある!!)
<講師>

中村 尊裕(大阪経済法科大学地域総合研究所客員研究員)

学術講演会3

日時
2010年12月3日(金)
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
"The perspective on the relations between the two countries"
(日露関係の展望)
<講師>

ミハイル・ベールイ(駐日ロシア全権大使)

学術講演会4

日時
2011年1月18日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
「淡水環境における二つの保全 ―生物多様性と生き物の多様性―」
<講師>

森 誠一 岐阜経済大学教授

公開シンポジウム1

日時
2010年10月2日(土) 午後1時~午後5時
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
「能楽高安流発祥の地」
<パネリスト>

高安勝久師(高安流ワカ方14世宗家)
安福光雄師(高安流太鼓方宗家預かりご子息)
坂上弘子氏(郷土史研究家、高安城を探る会)
浅見緑教授(司会・進行 大阪経済法科大学教養部教授、教養部長)

※このシンポジウムは、高安ルーツの能実行委員会の呼びかけにより八尾市神立の玉祖(たまおや)神社において同日夕刻より実施された「玉祖神社御鎮座千三百年祈念奉賛能」の一環として開催しました。

公開シンポジウム2

日時
2010年11月25日(木) 午後1時~午後5時
会場
八尾市文化会館(プリズムホール) 小ホール
テーマ
「平和的生存権について考える―米軍基地と住民―」
<基調講演>

真山 全氏(大阪大学法学部国際公共政策学科教授)
 「国際法・国際人道法と在日米軍」

中谷雄二氏(弁護士)
 「自衛隊イラク訴訟における平和的生存権」

高 文炫氏(韓国崇実大学校法科大学教授)
 「韓国における米軍基地問題と平和的生存権」

<コーディネーター>

丹羽 徹氏(大阪経済法科大学法学部教授)

ページのTOPへ

2009年度

学術講演会1

日時
2009年4月28日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
「NGO活動」 -日本の市民運動の現状について-
<講師>

梅田章二 弁護士
(21世紀社会研究所客員教授/大阪中央法律事務所)

学術講演会2

日時
2009年7月29日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
日本の官僚制度の問題点とはなにか -衆議院選挙の争点を中心に考えてみよう-
<講師>

松室 猛 元大阪府議会議員
(地域総合研究所客員教授)

学術講演会3

日時
2009年10月28日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
地域における在日外国人との共生
<講師>

田中 宏氏
(一橋大学名誉教授)

学術講演会4

日時
2009年12月10日
会場
本学6500号教室(6号館)
テーマ
大阪の民間福祉の伝統と現状-高齢化、貧困化など福祉課題への取り組み-
<講師>

梶本 徳彦氏
(地域総合研究所 客員教授)

公開シンポジウム1

日時
2009年11月26日
会場
八尾市文化会館(プリズムホール)
岐路に立つ地方分権
<基調講演>

白藤 博行氏(専修大学法学部教授) 「地方分権改革の今とこれから」
岡田 知弘氏(京都大学院経済学研究科教授) 「道州制で地域はどうなるのか」

<パネリスト>

森池 豊武氏(市民オンブズマン兵庫・西宮市議会議員) 
深尾 健造氏(NPO法人都市文化創造機構研究員

<コーディネーター>

形野 清貴氏(大阪経済法科大学法学部教授)

テーマ

ページのTOPへ

2008年度

学術講演会1

日時
2009年1月19日(月)
会場
本学6500教室(6号館)
テーマ
「グローバルエコノミーのゆくえ」
<講師>

・中尾 茂夫氏(明治学院大学教授)

公開シンポジウム1

日時
2008年11月20日(木)
会場
八尾市民会館(プリズムホール)
テーマ
「あらためて裁判員制度を考える」
<講師>

・基調報告「刑事裁判への市民参加 -その意義と課題-」指宿 信氏(立命館大学法科大学院教授)
・講演 伊賀興一氏(弁護士)
・講演 山口健一氏(弁護士、大阪経済法科大学法学部客員教授)
・コーディネーター 前野育三氏(弁護士、大阪経済法科大学法学部客員教授)

第5回東アジア学国際学術シンポジウム

日時
2008年9月21日(日)・9月22日(月)
会場
大阪国際交流センター
テーマ
「21世紀の東アジア -平和・安定・共生-」

第5回東アジア学国際学術シンポジウムの詳細

ページのTOPへ

2007年度

公開シンポジウム1

日時
2007年11月13日
会場
大阪国際交流センター
テーマ
「21世紀社会と法律学の課題-環境・平和・民主主義・人権- 」
<講師>

・基調報告「21世紀社会と法律学の課題」広渡清吾 東京大学社会科学研究所教授
・講演「環境崩壊と生存」 早川光俊弁護士(きづがわ共同法律事務所)
・講演「現代の貧困と生活保護」 小久保哲郎弁護士 (あかり法律事務所)

科学研究費補助金対象国際シンポジウム

日時
2007年9月16日
会場
大阪国際交流センター
テーマ
「植民地期東アジアの近代化と教育の展開」

磯田一雄大阪経済法科大学アジア研究所客員教授および客員研究員を中心に総勢17名による共同研究が2006年度から日本学術振興会補助金の対象として採択され、その研究成果の中間発表として公開シンポジウムを開催しました。

<講師>

第一部 言 語
・ 三ツ井 崇:同志社大学言語文化教育研究センター専任講師
 「植民地期朝鮮における言語運動と支配権力-その実態分析と研究史批判-」
・ 前田 均:天理大学国際文化学部言語教育研究センター准教授
 「台湾:1945年で変わったもの、変わらなかったもの-言語と教育の面から-」
第二部 伝統文化
・ 佐藤 由美:埼玉工業大学情報社会学科准教授
  「東京美術学校の朝鮮留学生」
・ 陳 培豊:台湾中央研究院台湾史研究所研究員
  「同じ演歌を歌いながら-東アジアにおける重層的な植民地統治と三つの演歌-」
第三部 教 育
・ 呉 成哲:韓国ソウル教育大学校教授
  「朝鮮の植民地学校の規律とナショナリズム」
・ 許 佩賢:台湾新竹教育大学副教授
  「戦時期台湾の学校生活における規律と戦後」

<趣旨説明、司会、コメンテーター>

・磯田 一雄 大阪経済法科大学アジア研究所客員教授
・小島  勝 龍谷大学文学部哲学科教授
・新保敦子 早稲田大学教育学部教授
・槻木瑞生  大阪経済法科大学アジア研究所客員研究員
・玄 善允  大阪経済法科大学アジア研究所客員教授
・弘谷多喜夫 浜松学院大学短期大学部教授
・渡部宗助  埼玉工業大学教授
・内海愛子  大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授
・華 立  大阪経済法科大学教養部教授

日中学術交流講演会

日時
2007年7月18日
会場
本学6500号教室
テーマ
「日中経済交流と国際経済の行方」
<報告者>

・黄 建忠氏 中国廈門大学教授
・佐々木信彰 大阪市立大学大学院教授

■ディスカッション
<座長>

・中川信義氏 大阪市立大学名誉教授

<パネラー>

・古澤賢治氏 愛知大学教授
・宮脇敏哉氏 本学経済学部准教授

環境問題特別講演会

日時
2008年3月28日
会場
本学グループ学習室1
テーマ
「"龍谷の森"と里山学入門」
<講師>

日本の各地で里山の価値が再発見され、多くの里山保全活動が展開されています。本学に隣接する高安山も古くから里山として親しまれており、現在、地域環境保全団体「環境アニメイティッドやお」が取り組む「高安山保全プロジェクト」に大学として参画しています。本講演会では、江南教授の「里山との出会い」のエピソードや龍谷大学における里山保全の取組をご紹介頂きました。

<講演者>

・江南和幸 龍谷大学工学部教授

学術講演会1

日時
2007年11月17日
会場
本学5600号教室(5号館6階)
テーマ
「お父さんはやっていない-痴漢えん罪事件を闘って-」
<講師>

矢田部孝司 氏

ページのTOPへ