学長メッセージ MESSAGE

学長 田畑 理一 経済学博士(大阪市立大学)

プロフィール

大阪経済法科大学は1971年、経済学部と法学部の2学部を有する大学として設立されました。創立者である金澤尚淑博士の「経済と法律が社会の両輪であり、この二つの学問を修めることによって無類の人格を形成することができる」という信念に基づく開学でした。この信念は現在も受け継がれており、「経済と法律、二つの学問の修得による人格の形成」「実学の精神を持った人材の育成」「人権の伸長と国際平和への貢献」の3つを建学の理念に掲げています。

2019年4月、本学は新しい歴史を刻みます。経営学科を経営学部に改組し、4学部体制の社会科学系総合大学へと飛躍します。経済、経営、法の3学部においては、専門の壁を越えて学修できる柔軟なカリキュラムを整備し、ビジネスに強い人材育成の伝統は、発展的に継承します。特色ある教育のもと、「実学の精神」を備えた人材を社会の幅広い分野に輩出していきます。

現在、日本の大学はグローバル化への対応が求められています。それは建学の理念の一つである「人権の伸長と国際平和への貢献」とも符合するものです。本学ではかねてよりグローバル人材の育成に取り組んでおり、国際ネットワークは世界26カ国・地域、68大学・研究機関の姉妹校を持つまでに拡大しています。2016年度に開設した国際学部では、そのネットワークを活用し、高度なコミュニケーション力を持ちグローバルな世界に適応できる人材育成に力を注いでいます。

地域社会との連携も積極的に展開しており、地元八尾市との包括協定などを進めてきました。学生にとっては八尾の街全体をキャンパスとする教育研究活動ができる状況が整っています。
この環境を活かし、世界と地域社会とを舞台にさまざまな経験に挑戦してください。将来の進路や職業選択に自信を持って臨む、大きく変わった自分に出会えるはずです。