ICTキャンパス

ICT教育設備

情報化社会を体感できる最新の教育設備。

大阪経済法科大学ではICT(情報通信技術)を駆使した学習空間を提供しています。日常的にICTに触れることで、情報化社会で必要とされるスキルを自然と身につけることが可能です。

プレゼンテーション教室

プレゼンテーションでの利用を重視した「シアター型円形階段教室」です。教室内のどの位置からでもスクリーンが見えやすいよう、2台のプロジェクターが設置されています。たくさんの聴衆を前に発表を行う経験を積むことで、伝える力やプレゼンスキルを実践的に高めることができます。

アクティブラーニング教室

プロジェクターのほか、電子黒板機能を持つ大型液晶ディスプレイ3台、最新型ノートパソコン51台を設置しています。可動型の机・椅子を設置しており、授業内容にあわせて自由にレイアウトが可能なので、ICTを活用したグループワークやディスカッションなどの「アクティブラーニング(能動的学習)」に取り組むことができます。

PC教室

アプリケーションソフトの高度なスキル、プログラミング・Webデザインなどを実践的に学ぶ科目が開講されるPC教室。各座席にはデスクトップパソコンと教員の操作画面を見ることができるモニターを設置しており、快適な環境でICTスキルを高めることができます。また、授業が行われない時間帯には自習等に利用できるPCラウンジや、「Microsoft Office Specialist」などの資格試験を学内受験できる試験センター(試験会場)としての機能も持っています。

PC学習室・図書館PCコーナー

学生が自由に利用できるデスクトップPCとプリンターを設置しています。

演習室・講義室

八尾駅前キャンパスの全演習室・講義室にはプロジェクターを完備。PowerPointのスライドや映像教材などを活用した授業を実現できるようになっています。また、演習室のプロジェクターにはワイヤレス(無線)での映像投影や電子黒板の機能を装備しており、ゼミ内での研究発表などにも活用しています。

E号館

花岡キャンパスの総合情報教育棟「E号館」。大学生に必要な基盤的ICTスキルを学ぶ「情報リテラシー」などを受講するためのコンピュータ教室があります。

コンピュータ教室

2・3・4階に設置されたコンピュータ教室には、情報教育支援システムとリンクしたパソコン約170台を配備。「情報リテラシー」などの情報系科目で利用します。

B号館

少人数制で実施される演習や外国語科目、資格講座などに適した小教室の揃った教室棟。視聴覚教材に対応した設備や、フリーレイアウト可能な可動式の机・椅子で、目的に応じた多彩な教育活動が可能です。視聴覚機材のほか、Wi-Fiやプロジェクターなどを設置した教室もあり、ゼミなどで活用されています。

TOPICS

双方向的な授業を実現する「クリッカー」

「クリッカー」とは、講義で教員と学生の双方向なコミュニケーションを可能にする「オーディエンス・レスポンス・システム(ARS)」の一つです。教員の指示に沿って、リモコンのようなカード型端末のボタンを押すと、回答結果が即座に集計されてパソコン画面上に表示される機能を持っています。
これを利用すると、授業の中で学生の意見を即座に取り入れる事や、講義内容を受講者がどれだけ理解できているかを把握することができるようになり、インタラクティブな授業を実現することができます。本学ではこのクリッカーを活用した授業が年々増えており、学生たちにとっても馴染みのある学習ツールになりつつあります。