教務情報

成績

評価基準

成績評価は、定期試験またはそれに代わるレポートの成績、出席状況、授業中に実施する小テスト、レポート提出等により行われます。また、科目や担当者により評価方法、評価基準が異なります。各科目の評価方法については「シラバス(授業要綱)」を参照してください。

成績評価

経済学部・法学部の成績評価は下記の通りです。

  評価 得点 グレードポイント
合格 S 100~90点 4
A 89~80点 3
B 79~70点 2
C 69~60点 1
不合格 D 59点以下 0
その他 W 履修取消した科目 -
N 資格及び留学先科目等 -

大学院経済学研究科の成績評価は下記の通りです。

  評価 得点
合格 S 100~90点
A 89~80点
B 79~70点
C 69~60点
不合格 D 59点以下
その他 W 履修取消した科目

成績発表時に配布する成績通知書には、合否に関係なく当該学期に履修したすべての評価が記載されますが、対外的に利用する証明書(就職活動等で企業に提出する「成績証明書」等)には合格した科目、認定された科目のみが記載され不合格となった科目は記載されません。

GPA制度による成績評価 ※学部生のみ、2006年度以降入学生対象(科目等履修生・聴講生・交換留学生を除く )

成績評価は、GPA(Grade Point Average=成績加重平均値)制度により、上記の成績評価で評価されます。GPAの成績評価は、学生の履修した科目の評点(100点満点)を、グレードポイントに換算し、その合計を履修科目の総単位数で割った数値により表示します。
GPA制度では、履修登録したすべての科目が算定対象となります。不合格となった科目や受験を放棄したため不合格となった科目は「0」ポイントとしてカウントされるため、全体のGPAポイントが低下する原因となります。また、単位を修得しても、評価の低い評点(ポイント1「可」)ばかりであると、全体のGPAポイントが低くなり、奨学金制度の申請や海外留学の際に支障になることもありえますので、計画的な学習が求められます。

※GPAは広く学習支援等においての参考とし、対外的な成績証明書には記載しません。

成績発表

<経済学部・法学部>

合格した科目の単位は各学期末に認定されます。したがって、学期途中で退学したり除籍となった場合、その学期で履修し試験に合格していても単位は認定されません。成績発表は春学期は9月中旬、秋学期は3月中旬におこないます。ただし、4年生については秋学期の成績発表を2月中旬におこないます(学内交付)。詳細については掲示板、Nice Portal等で確認してください。

<大学院経済学研究科>

合格した科目の単位は各学期末に認定されます。したがって学期途中で退学したり除籍となった場合、その学期で履修し試験に合格していても単位は認定されません。
成績発表は前期は9月中旬、後期は3月中旬におこないます。詳細については掲示板、Nice Portal等で確認してください。