教務情報

卒業・修了

法学部編入学生卒業要件

2019年度~2017年度編入学生

本学3年次に編入学し、2年以上在学して所定の単位を修得したものについては「学士」の学位が授与されます。ただし、6年を越えて在学することは許されません。卒業に要する単位は次のとおりです。

1.換算認定及び卒業に要する単位数について
換算認定単位数
本学の卒業に要する単位数124単位の内、以下の科目を単位認定する。
1)共通教育科目として(必修外国語 4単位含む)  40単位
2)専門教育科目として  20単位
■以上1、2の合計60単位を上限として換算認定する。
本学の卒業に要する単位数
・専門教育科目              50単位以上
  (このうち法学部専門科目から46単位以上修得すること。他学部開講科目や技能資格等関連科目は含めることができない。)
・その他、共通教育及び専門教育科目から  14単位以上
合計64単位以上
2.専門教育科目の卒業要件について
法学部 法律学科(2019~2017年度編入学生)
(1)専門教育科目として、法学部開講科目から下記(2)~(3)を含む46単位以上修得すること
(※他学部開講科目や技能資格等関連科目は含めることができない。)
(2)戦後法制史、憲法概論、憲法学Ⅰ、刑法総論(概論)、民法総則概論、政治過程論Ⅰ、国際政治学Ⅰの7科目から3科目6単位選択必修
(3)コース基本科目から16単位以上選択必修