教務情報

試験

履修科目の成績評価は、試験、レポート、出席状況などによって行われます。特に、試験によって成績評価を決定する場合が多く見られます。各科目の試験等による成績評価で合格すれば、その科目の所定の単位が認定されます。
なお、定期試験の時間割は、試験開始約2週間前に花岡キャンパスC号館南側掲示板と八尾駅前キャンパス2階学生プラザ掲示板でお知らせします。

試験の方法

試験の方法は次のような種類があります。

試験の方法 説明 形式
定期試験 時期を定めて実施する試験。春学期は7月下旬から、秋学期は2月上旬に行われます。 ・筆記試験
・レポート試験
追試験 病気、その他やむを得ない理由で、定期試験を受けることができなかった者に対して行う試験です。
卒業再試験 当該年度の卒業予定者で、秋学期末試験結果においても卒業単位を充足できなかった者を対象とした試験です。
その他 授業中におこなわれるテスト、レポート提出など ・レポート課題
・小テスト
・平常点など

多くの講義科目は、主に定期試験によって成績が判定されますが、科目によっては定期試験によらない成績判定や、定期試験とその他の成績評価方法をあわせて成績判定を行うこともありますので「シラバス(授業要綱)」の記載内容や担当教員の説明に注意してください。

また、次の科目は、定期試験を行わず、主に平常の学習をもって成績評価を行います。

演習形式の授業、基礎体育A・B、生涯スポーツA・B、外国書講読A・B、英書講読Ⅰ・Ⅱ、情報リテラシーA・B、ワープロ実践、表計算実践・応用、データベース実践、デジタルプレゼンテーション、プログラミング実践、Webデザイン 等

定期試験等の方法

一定の期間と時間割を定めて試験が行われます。(春学期末試験・秋学期末試験)定められた試験期間中におこなわれる試験(定期試験・追試験・卒業再試験)については、試験時間は次のとおりとなります。通常の授業時間と異なりますので注意してください。定期試験の時間割については、試験開始約2週間前に花岡キャンパス・ルーズベルト大学記念館1階と八尾駅前キャンパス2階学生プラザ掲示板に掲示します。

時限 試験時間 時間
1時限 9:20~10:20 60分
2時限 10:40~11:40 60分
お昼休み
3時限 13:20~14:20 60分
4時限 14:40~15:40 60分
5時限 16:00~17:00 60分

試験には着席する席を指定されて実施する試験があります。この場合は当該試験開始前に、教室の入口に学籍番号で座席がしるされた座席表が張り出されますので、決められた座席で受験しなければなりません。

定期試験にかわるレポート

春学期末や秋学期末に定期試験を行わず、レポート提出によって成績評価をおこなう場合があります。この場合は、科目名、レポート課題の内容、提出期限と場所などを春学期末レポート・秋学期末レポートの課題として掲示により通知します(レポート提出は、あくまで定期試験のかわりとなるものですから、提出期限や条件は厳格に守ってください)また、春学期末や秋学期末に限らず、授業の期間中にレポート提出を課されることがあります。この場合は、担当教員の指示に従って提出してください。
なお、定期試験のかわりにレポート課題を課す科目の場合、追試験の実施対象とならないことに注意してください。

追試験

追試験とは、病気その他やむをえない理由によって定期試験を受けることができなかった者に対して行う試験のことです。春学期末試験の追試験は春学期末試験終了後の8月中旬に、秋学期末試験の追試験は2月下旬に実施する予定です。

  1. 定期試験欠席の事由が次のいずれかに該当する場合、追試験を受験できます。

    1. 病気、怪我等(医師の診断書を要する)
    2. 教職課程の教育実習及び介護等の体験
    3. 就職活動(筆記試験、面接試験、説明会参加等で就職課の証明書を要する)
    4. 配偶者、1親等及び2親等の親族の死亡の場合7日以内、3親等は3日以内。(死亡を証明できるものを必要とする)
    5. 自己の責めによらざる不慮の事故または災害(公的な証明書を要する)
    6. 本学がやむを得ないと認めた場合
  2. 追試験の受験希望者は、当該科目の試験終了後、所定の期日までに「追試験願」を教務課に提出して、許可を得る必要があります。
  3. 演習、基礎体育、生涯スポーツ、外国書講読、英書講読、コンピュータの実習科目(コンピュ-タリテラシー・ワープロ実践等)は原則として追試験を実施しません。また定期試験にかわりレポート提出をもって成績評価を行う科目についても、追試験を実施しません。

(以上「追試験内規」等より)

注意事項

追試験はチャンスが2度あるという意味の制度ではありません。所定の理由により定期試験を受験できなかった者で、追試験期間中に受験が可能な場合に、願い出の対象となります。願い出後、許可されれば追試験の受験資格が与えられますが、追試験が許可された者のためだけに特別に試験の機会を用意するので、自分の都合で受験しないということは認められません。十分に注意してください。不明な場合は必ず教務課に連絡・相談し、指示を仰いでください。

卒業再試験

本学には、4年生以上を対象とした「卒業再試験」制度があります。卒業再試験とは、当該年度の卒業予定者で、秋学期末試験結果においても卒業単位数を充足できなかった者を対象とする試験です。

  1. 受験資格者は、残り3科目を上限とし単位を修得することにより卒業要件を満たすことができる者に限ります。
  2. 受験できる科目は、当該年度の秋学期に履修した科目のうち3科目までです。
  3. 演習、外国書講読、英書講読、基礎体育、生涯スポーツ、コンピュータリテラシー、ワープロ実践、表計算実践・応用、データベース実践、デジタルプレゼンテーション、プログラミング実践、Webデザイン、自由選択外国語、外国語研修および教職課程科目は卒業再試験を実施しません。また、当該年度の履修登録時点で担当教員より予め実施しないことが明示されていた科目も、卒業再試験を実施しません。
  4. 卒業再試験の最高評点は69点(可)です。
  5. 卒業再試験の受験には、受験料を添えて所定の期日までに申込手続きをし教務部長の許可を得なければなりません。

試験に関する注意事項

受験の条件・心得

定期試験の受験者は、受験上の条件・心得として、下記の試験内規の内容を遵守しなければなりません。

受験の条件・心得(「試験内規」より)
  1. 受験できる科目は、当該年度に履修登録をしている科目に限ります。
  2. 次の者は受験資格がありません。
    1) 所定の学費を定められた期日までに納入していない者
    2) 休学中及び停学中の者
  3. 受験生は、試験に際し次の諸事項を遵守しなければなりません。
    1) 指定された試験場で必ず受験しなければなりません。
    2) 学生証を必ず携帯すること、万が一忘れた場合は、花岡キャンパス教務課、八尾駅前キャンパス事務室で「仮受験票」の発行を申請し、受け取った「仮受験票」を携行する必要があります。
    3) 学生証(仮受験票)は必ず机上の通路側の見やすい位置に置かなければなりません。
    4) 入室は試験開始後20分までです。
    5) 退室は試験開始後30分経過以後です。
    6) 受験中に、病気その他やむをえない事情が発生したときは、挙手をして試験監督者に知らせ、その指示を受けてください。
    7) 試験場で物の貸し借りはできません。
    8) 以上のほか、試験場では、すべて試験監督者の指示に従わなければなりません。従わない場合は、退室を命じられることがあります。
  4. 無記名の答案は無効です。
  5. 次の不正行為をした者に対しては、当該科目の無効措置がとられます。悪質な場合には、当該定期試験のすべての受験科目の無効、氏名の公表、学則第34条による懲戒処分を受けることがあります。試験に際し次の行為を不正行為とみなします。
    1) 他の者に受験させ、他の者の代わりに受験すること。
    2) 他の者の答案を見、他の者に見せたりすること。
    3) カンニングペーパーを使用し、またはこれを所持すること。
    4) 許可されていない教科書、ノート等を見ること。
    5) その他不正行為の事実が歴然とした行為。

持ち込み参照物について

自筆ノートの解釈

自筆ノートは、他人のノートをコピーしたもの、コピーを貼り付けたものではありません。自筆ノートは自分で書いたノートのことです。自筆ノートや持ち込み参照が認められた試験において自分で書いたノート以外の持ち込みは不正行為とみなされますの注意してください(ワープロ等で作成したものについても認められません)

法学部指定六法

定期試験における持ち込み・参照条件に「法学部指定六法」とあるときは、次の六法のみ持ち込み・参照が許可されます。

・コンパクト六法(岩波書店)
・ポケット六法(有斐閣)
・小六法(有斐閣)
・デイリー六法(三省堂)
・司法試験用六法(法曹會)
・岩波基本六法(岩波書店)
・旧司法試験用六法(第一法規)
・新司法試験用六法(第一法規)
・司法試験予備試験用六法(第一法規)
・司法試験対策六法(第一法規)
・セレクト六法(岩波書店)

レポート

定期試験に関わらず授業期間中にレポート課題が課されることがあります。この場合は担当教員からの指示が事前にありますが、レポートの提出を課された場合には、テーマ・枚数・提出先・提出期限・様式等を確認し、指定されたとおり提出してください。またレポート作成にあたっては次の<レポートの作成例>を参照してください。

レポートの作成例
  • ・レポートの表紙は、科目名・担当者・学籍番号・氏名等をボールペン、またはペンで記入の上、必ずレポートに添付してください。
  • ・提出は必ず本人が行ってください。
  • ・特に書式の指定がない場合には、A4サイズ・横書の原稿用紙を使用してください。
  • ・指定された提出先を十分に確認してください(指定された提出先以外のレポートは受理できません)
  • ・教務課提出の場合でも、郵送されたレポートは受理できません。
  • ・提出期限を過ぎたものは一切受理できません(提出期限の厳守)