教育/学部・大学院 教員紹介

赤城 永里子准教授AKAGI, Eriko

国際学部

学位 博士(言語文化学)
最終学歴 大阪大学大学院言語文化研究科
主な
担当科目
コミュニケーション論、ことばと文化、異文化コミュニケーション、コミュニケーション技法Ⅰ・Ⅱ
担当演習 専門演習Ⅱ・Ⅲ

研究活動

研究分野

日本語教育学、社会言語学

研究テーマ

目的別日本語教育、シラバスカリキュラムデザイン

所属学会

  • 専門日本語教育学会
  • 日本語教育方法研究会

学会報告

  • 1.「初級から学ぶ仕事の日本語シラバスデザインの方法 ―表現の段階化の基準に着目して―」第8回日本語・日本文化国際フォーラム2020年2月
  • 2.「職業目的の日本語教育における学習内容の優先順序決定方法:フライトアテンダントとホテルスタッフを例に」第46回 日本語教育方法研究会(国際交流基金日本語国際センター)2016年3月
  • 3.「仕事のための日本語シラバスデザインの方法:レベル別行動リストの特定方法」第10回 国際日本語教育・日本研究シンポジウム(香港専業進修学院)2014年11月
  • 4.「仕事のための日本語シラバスデザインの方法:ホテルの内部調査の有効性」第9回 国際日本語教育・日本研究シンポジウム(香港城市大学)2012年11月
  • 5.「気づきを目的としたタスク遂行型初級会話授業」世界日本語教育研究大会 天津大会(天津外国語大学)2011年8月
  • 6.「ビジネス接触場面における問題を授業に生かす:2つの現場(ビジネス現場と教育現場)を結ぶ」共同発表2011年度実践研究フォーラム(横浜国立大学)2011年7月
  • 7.「初級からのJOP教育のための聴解練習方法」世界日本語教育研究大会 台湾大会(台灣國立政治大學)2010年8月

著書・論文

主な著書

  • 1.(共著)『日语口译综合能力(三级/二级)-全国日语翻译专业资格(水平)考试』大连理工大学出版社、2005 pp108-166

主な論文

  • 1.「初級から学ぶ仕事の日本語シラバスデザインの方法 ―表現の段階化の基準に着目して―」『第8回日本語・日本文化国際フォーラム論文集』(オンライン版)2020 pp.36-46
  • 2.「職業目的のための日本語教材の練習問題における問題点:既存の教材に見られる問題点を中心に」『Bali ICJLE 2016
  • (2016年日本語教育国際研究大会)』2016
  • 3.「職業目的の日本語教育における学習内容の優先順序決定方法: フライトアテンダントとホテルスタッフを例に」『日本語教育方法研究会誌』22巻3号日本語教育方法研究会pp.4-5
  • 4.「仕事のための日本語(JOP)シラバスデザインの方法:フライトアテンダントとホテルスタッフを対象として」大阪大学大学院 言語文化研究科博士学位論文
  • 5.「仕事のための日本語シラバスデザインの方法:ホテルの内部調査の必要性」『日本語教育と日本研究における双方向性アプローチの実践と可能性』(2014)第9回国際日本語教育・日本研究シンポジウム大会論文集編集会pp.657-688
  • 6.「香港の日本語学習者による依頼における不快感の要因:教師の内省を通して」『日本語・日本文化研究』22号(2012)大阪大学言語文化研究科日本語・日本文化専攻 pp.31-44

メッセージ

日本社会は今後ますます多様化していくと思います。学生のみなさんには、こういった社会の変化に柔軟に適応し、異なる価値観やバックグラウンドの人とともに新しい社会を築いていける人材になっていってもらいたいと思っています。私自身の6年間の海外生活を通して得た経験をみなさんに伝えていきたいと思います。

経済学部経済学科の教員

経営学部経営学科の教員

国際学部国際学科の教員

法学部法律学科の教員

教養部の教員

大学院経済学研究科の教員

教員紹介