教育/学部・大学院 教員紹介

片上 孝洋教授KATAKAMI, Takahiro

経営学部

学位 博士(学術)
最終学歴 早稲田大学大学院社会科学研究科
主な
担当科目
租税法、税務会計、企業法、ビジネス取引法
担当演習 専門演習Ⅱ/演習Ⅲ

研究活動

研究分野

公法学(租税法/憲法/行政法)

研究テーマ

人権と統治を支える租税のもつ意義と役割 社会における租税の意義と役割

所属団体

  • 吹田市市民自治推進委員会委員

所属学会

  • 日本公法学会
  • 日本税法学会
  • 日本租税理論学会
  • 日本財政法学会
  • 全国憲法研究会

学会報告

  • 1.「憲法84条の『租税』と国民健康保険料」日本税法学会第109回大会(於:明治学院大学)(2019年6月)
  • 2.「『ふるさと納税』から見る自主財政権に関する一考察」第209回日本税法学会中四国地区研究会(於:島根大学)(2017年12月)
  • 3.「社会福祉法人税制に関する一考察」第204回日本税法学会中四国地区研究会(於:松山大学)(2016年9月)
  • 4.「租税の意義について」日本税法学会第104回大会(於:立正大学)(2014年6月)
  • 5.「租税法律主義の再考」日本財政法学会第29回研究大会(於:同志社大学)(2011年5月)

著書・論文

主な著書

  • 1.『現代憲法25講』(編著)(成文堂、2020年)
  • 2.『人権保障と国家機能の再考』(共著)(成文堂、2020年)
  • 3.『行政救済法論』(共著)(成文堂、2015年)
  • 4.『近代立憲主義による租税理論の再考-国民から国家への贈り物』(単著)(成文堂、2014年)
  • 5.『法学・憲法への招待』(共著)(敬文堂、2014年)
  • 6.『人権保障と行政救済法』(共著)(成文堂、2010年)
  • 7.『プライム法学・憲法』(共著)(敬文堂、2007年)

主な論文

  • 1.「憲法84条の『租税』と国民健康保険料」『税法学』581号(2019年)
  • 2.「適正な行政手続の保障に関する一考察-行政手続を統制する行政法および憲法の基本原理」『大和大学研究紀要(政治経済学部編)』5巻(2019年)
  • 3.「『ふるさと納税』から見る自主財政権に関する一考察」『税法学』579号(2018年)
  • 4.「外国人の選挙権および被選挙権に関する一考察」『大和大学研究紀要(政治経済学部編)』4巻(2018年)
  • 5.「社会福祉法人税制に関する一考察」『税法学』576号(2016年)
  • 6.「日本国憲法と国民国家-『日本国民』とは誰なのか」『社学研論集』26号(2015年)
  • 7.「租税の意義について」『税法学』571号(2014年)
  • 8.「租税法律主義と遡及立法の禁止-法の支配の観点から」『社学研論集』21号(2013年)
  • 9.「租税条項と統治機構の関係についての一考察」『社学研論集』20号(2012年)
  • 10.「租税法律主義と法の支配の関係についての一考察」『社学研論集』19号(2012年)
  • 11.「租税法律主義の再考」『財政憲法の再検討(財政法叢書28号)』(2012年)
  • 12.「財産権保障の視座に立つ『地方自治の本旨』の再考-近代立憲主義による自治体課税権の限界画定力」『社学研論集』17号(2011年)
  • 13.「『代表なければ課税なし』の再考」『ソシオサイエンス』17号(2011年)
  • 14.「租税法律主義の再考-『租税立法権制約の基本原理』の提唱」『社学研論集』16号(2010年)
  • 15.「大日本帝国憲法と租税-課税承認権の封じ込め」『社学研論集』15号(2010年)

メッセージ

「学びたい」・「知りたい」という意欲を持ち続けることの大切さを理解でき、しかも何に対しても主体的に取り組み、努力を惜しまない姿勢を身につけるようにしましょう。

経済学部経済学科の教員

経営学部経営学科の教員

国際学部国際学科の教員

法学部法律学科の教員

教養部の教員

大学院経済学研究科の教員

教員紹介