教育/学部・大学院 教員紹介

傅 喆准教授Fu, Zhe

経済学部

学位 博士(経済学)(一橋大学)
最終学歴 一橋大学大学院経済学研究科
主な
担当科目
環境経済学、中国経済事情、経済学入門、大学演習B
担当演習 基礎演習/演習Ⅰ・Ⅱ

研究活動

研究分野

地域経済論/環境経済学/中国経済論

研究テーマ

地域経済 自然資源 環境政策 持続可能発展

所属学会

  • アジア政経学会
  • 環境経済・政策学会
  • 日本現代中国学会
  • 日本環境会議
  • 日本環境学会

著書・論文

主な著書

  • 1.『ドイツに学ぶ 地域からのエネルギー転換―再生可能エネルギーと地域の自立―』(共著)家の光協会、2013年。
  • 2.『中国環境ハンドブック2011-2012年版』(共著)蒼蒼社、2011年。
  • 3.『アジア環境白書2010/2011』(共著)東洋経済新報社、2010年。

主な論文

  • 1.「中国市民と水汚染の関わりについて―水資源管理制度の構築に向けて」『一橋経済学』一橋大学、11巻2号、2018年1月、145~173頁。
  • 2.「中国の環境汚染におけるガバナンス構造の分析―水汚染を例として―」『一橋経済学』一橋大学、10巻1号、2016年7月、121~164頁。
  • 3.「ドイツの再生可能エネルギー政策の成果と課題」『一橋経済学』一橋大学、7巻1号、2013年7月、5~32頁。
  • 4.「中国における生態補償の取り組みと今後の課題―とくに流域生態補償の基本的な動向紹介を中心にー」『一橋経済学』一橋大学、6巻1号、2012年7月、35~59頁。
  • 5.「上海における大気汚染対策と課題―二酸化硫黄を中心とした固定発生源対策に焦点を当てて―」『環境と公害』岩波書店、40巻4号、2011年4月、14~20頁。
  • 6.「公害紛争解決をめぐる制度と現実―上海市B製鉄所周辺の公害問題を事例として―」『環境と公害』岩波書店、40巻4号、2011年4月、25~31頁(共著)。
  • 7.「中国の電気電子廃棄物リサイクル処理の現状及び関係法律法規政策」『季刊環境技術会誌』143号、2011年4月、109~113頁(共著)。
  • 8.「上海における大気汚染の実態と健康被害について―疫学的研究から見えてくる課題―」『静岡大学経済研究』静岡大学、15巻4号、2011年2月、119~132頁。
  • 9.「東京機動車排気汚染与交通政策」『亜太研究論叢』北京大学、第7号、2010年12月、24~44頁。
  • 10.「大気汚染「未認定」患者の救済制度の検証-東京都医療費助成条例の政策効果調査から-」『環境と公害』岩波書店、40巻2号、2010年10月、64~69頁(共著)。
  • 11.「日本大気汚染問題的演変及其教訓―対固定汚染発生源治理的歴史省察―」『学術研究(ACADEMIC RESEARCH)』、第6期、総第307期、2010年6月、105~114頁(共著)。
  • 12.「日本の大気汚染問題の推移と教訓―固定発生源対策の歴史的省察を中心に―」『年報日本現代史』現代史料出版、第14号、2009年5月、117~142頁(共著)。

メッセージ

一緒に経済学を楽しみながらたくさん学び、発表する力、チームワーク力、コミュニケーション能力を高めていきましょう。

経済学部経済学科の教員

経営学部経営学科の教員

国際学部国際学科の教員

法学部法律学科の教員

教養部の教員

大学院経済学研究科の教員

教員紹介