トピックス TOPICS

教育研究 2020.06.16

【遠隔授業レポート】
コロナ禍における「企業の社会的責任(CSR)」を 実際の事例をもとに遠隔授業で議論を行う

 経営学部2年生のBLP特別演習にて遠隔授業を実施しました。
 第3回の授業テーマは「企業の社会的責任(CSR)」について。企業には多くのステークホルダー(企業が活動を行うことで受ける利害関係者)が存在しており、単に利益を追求するだけではなく、ステークホルダーに対し責任を果たさなければなりません。その内容を八井田教授の実務経験を交えながらパワーポイント資料を使用し解説。受講生が一通り理解できたところで、グループに分かれ「コロナ禍における、果たすべき企業の社会的責任の事例」について議論を行いました。議論の中で、自身が経営者の視点に立って思考するグループや、ニュースで見た事例(大手メーカーによるマスクの生産や、ホテルの空き部屋を医療従事者に提供)についてインターネットで検索し、議論を深めるグループなど、遠隔授業ならではの利点を活かした議論となりました。

※BLP特別演習は、経営学の発展的な領域の学修を行う、アドバンスト演習で、選抜された学生のみが1年間受講します。



八井田 収 教授
経営学部【専門分野/国際経営、生産マネジメント】

このページを他の人と共有する