トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2019.11.12

第48回経法祭「零和(れいわ)~ゼロから始める新たなる可能性~」が大盛況のうちに閉幕!!

 2019年11月9日(土)、10日(日)の2日間、第48回経法祭が本学花岡キャンパスで開催され、約4,000名の方にご来場いただきました。
 令和初の開催となった第48回経法祭は、秋晴れの中、花岡キャンパス・セントラルガーデンステージにて、田畑学長、矢野学生部長、鎌田経法祭実行委員長による鏡割りで幕を明けました。

今年も「国際ストリート」をはじめ、来場者の皆さんを楽しませる模擬店を多数出店!!

 年々、来場者の人気が高まっている「国際ストリート」。今年も国際学部の学生や留学生が中心となって12店舗が出店され、水餃子、トッポギ、タンドリーチキン、キムマリなど、国際色豊かな模擬店が出店されました。
 この他にも、第48回経法祭にゼミやクラブ・サークル団体、学生有志、校友会(本学卒業生OB・OG会組織)による模擬店など、2日間で延べ70店舗以上が出店され、来場者の目と舌を楽しませていました。

クラブ・サークル生によるパフォーマンス披露、作品展示、お笑いライブ、アーティストによるライブステージで大盛り上がり!!

 オープニングセレモニーに続いて、メインステージでは、少林寺拳法部による演武、ストリートダンス部によるダンスパフォーマンスが行われ、1日目のメインイベントであるお笑いライブでは、サンシャイン池崎さんによる「イェイイェイ選手権(大声大会)」が行われ、会場は「空前絶後」の盛り上がりを見せていました。
 その他にも、奄美・沖縄会によるエイサー、三線披露、音楽系クラブ生が日頃の成果を発揮していました。
 また、学生消防隊SAFETYによるAEDの使用方法、傷病者搬送訓練や、学生防犯隊による活動報告会、写真部、漫画アニメーション研究会、文芸部、東洋哲学研究会による作品展示も行われたほか、グラウンドでは小学生サッカー大会が行われました。
 2日目は、いきいき八尾環境フェスティバルと同時開催となっており、ふれあい池での「ドビ流し」や各種展示、メインステージでの「○×クイズ」、A号館1階スチューデントコモンズでの「ビンゴ大会」などが行われ、2日間を通じて、来場者の皆さんとともに経法祭を盛り上げることができました。
 そして、第48回経法祭のフィナーレを飾る「SILENT SIREN」によるライブパフォーマンスが行われました。

首里城火災に対する支援金活動(ボランティア活動)

 第48回経法祭では、沖縄県・鹿児島県出身の学生たちで結成された「奄美・沖縄会」と、経法祭実行委員会の学生たちが中心となって、首里城火災に対する支援金活動(ボランティア活動)が行われました。
 このボランティア活動を通じて、いただいた募金額47,894円は、那覇市の「首里城火災に対する支援金活動事務局」に全額、寄付する予定です。ご支援ご協力、ありがとうございました。

ご来場いただいたすべての皆様、2日間ありがとうございました。

 第48回経法祭「零話~ゼロから始める新たなる可能性~」の2日間は、天候にも恵まれ、無事終了することができました。
 ご来場いただいたすべての皆様ならびに、経法祭にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 ここにあらためて御礼申し上げます。

このページを他の人と共有する