トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2019.08.05

本学経営学部生が特殊詐欺防止で京都府警から感謝状が授与されました

 2019年6月19日(金)、コンビニエンスストアのアルバイト店員で、本学経営学部経営学科1年生の髙橋 拓也さんと同店のオーナーが、来店したお客さんに声をかけて特殊詐欺被害を未然に防いだとして、京都府警山科警察署長より感謝状が授与されました。

親切な声かけと的確な対応が特殊詐欺被害を防いだ

 髙橋さんは、2019年4月20日に来店した60代の男性が、店内で携帯電話で通話していたことや、25万円の電子マネーを購入しようとしたことを不審に思って声をかけ、電子マネーの購入理由や使途を確認したところ、「架空請求詐欺」だと思い、警察に届けるようアドバイスしました。
 京都府警から、「男性に対する親切かつ的確な対応が、特殊詐欺の未然防止に大きく貢献した」と評価され、京都府警山科警察署にて感謝状が渡されました。

 髙橋さんは、「警察で特殊詐欺は未然に防ぐことが難しいと言われたので、これからもお客様への親切な対応を心がけ、このような詐欺被害に遭う方を一人で減らしていきたいです。」と語ってくれました。

このページを他の人と共有する