トピックス TOPICS

キャリア 2019.07.02

いざ、『東京サマーキャリアフォーラム』へ!

 2019年6月29日(土)-30日(日)、東京ビックサイトにて『東京サマーキャリアフォーラム』が開催されました。同フォーラムは、日英バイリンガル人材を対象とした国内最大級のジョブフェアであり、出展企業256社以上、来場者6,000人以上という規模からも国内外での注目の高さが窺える就職イベントです。
 そして、本学初の試みとして、学業成績・出席率・TOEICスコアが高く、グローバルキャリアに関心の高い国際学部2~4年の一般学生・留学生27名が選抜され、同フォーラムに参加しました。

グローバルキャリア実現への第一歩

 フォーラム参加前には、事前学修会を実施し、それぞれの目標設定、企業研究、自己分析、英語履歴書(CV)作成など準備・対策を行いました。初めて書くCVに戸惑う学生、興味のある業界・業種の選定に悩む学生など、個々人の課題は異なりますが、皆、今までに培った知識や経験を最大限に活かし、それぞれの目標達成に向けて取り組みました。
 このような準備をして臨んだフォーラムでは、外資系並びにグローバル展開をする国内企業など名立たる企業が数多く出展しており、来場者は海外大学の在籍学生・国内大学の在籍留学生が多く、日本語や英語をはじめ様々な言語が飛び交い、そのグローバルな雰囲気に学生たちは大いに刺激を受けました。
 本学学生たちは、世界を代表する企業のブースで少人数制の会社説明を受け、人事・採用担当者と情報交換をし、トップ企業によるセミナーを受講するなど、積極的に活動し、1日半という限られた滞在時間でしたが、有意義に過ごすことができました。ある4年生は、その場で企業の採用責任者との面接までこぎつけ、本フォーラムの特色であるスピーディーな応募・選考・内定プロセスを肌で体験しました。

次なる課題への挑戦

 面接結果を待つ学生、自身のスキル等強化に意欲を新たにする学生などそれぞれこれからの課題と目標を見つけ、学生たちは大阪への帰路につきました。バスでの長旅に疲れはあるものの、皆、大きな成果とやりがいを感じた表情はどこか晴れやかなものでした。

このページを他の人と共有する