トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2019.05.17

2019年度春季関西学生卓球リーグ戦1部3位入賞!

 4月27日から春季関西学生卓球リーグ戦がスタートし、5月12日に全日程が終了しました。
 本学卓球部は、強豪校ひしめく1部リーグにおいて、8年ぶりに3位入賞(通算3勝4敗)という成績を収めることができました。
 関西学生卓球連盟には、現在47大学が所属しており、最もレベルの高い1部リーグの試合は、すべての試合が厳しい戦いとなりましたが、その中でも第5戦の同志社大学戦では1対3という劣勢の状況から、見事3連勝で逆転勝ちを収め、3位入賞に大きく前進しました。

呉坤さん(経済学部経営学科・4年)が優秀選手賞、チームとしてグッドマナー賞を受賞!

 今回のリーグ戦の個人成績で、7戦全勝という好成績を残した呉坤さん(経済学部経営学科・4年)が、優秀選手賞を受賞しました。また、春季リーグ戦において、試合やその他の行動で他大学の模範となる大学(各リーグ1校)に贈られるグッドマナー賞も受賞することができ、実りの多い大会となりました。

秋季リーグ戦では、さらなる上位進出をめざす!

 卓球部主将の淺津敦博さん(国際学部・4年)は、「今後も関西学生選手権大会や全日本大学対抗卓球選手権大会等の大会が続くので、1試合1試合全力で戦っていきたいと思います。そのためにも、日頃から目的意識を持ちながら練習に取り組み、秋季リーグ戦ではさらに上位入賞を果たしたいと思います。」と意気込みを語ってくれました。

このページを他の人と共有する