トピックス TOPICS

教育研究 2018.10.12

法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」で八尾市議会・八尾市役所見学を実施

 法学部専門教育科目「21世紀日本の議会と行政」では10月10日(水)、担当の西脇邦雄法学部教授と伍躍国際学部教授による引率のもと、八尾市議会・八尾市役所の見学を実施しました。この授業は履修生と市民聴講生計35名が参加する主権者教育の取り組みです。
 参加者の一行は、市役所10階にある八尾市議会会場へ移動し、普段、座ることのできない議員席に着席しました。西脇教授が見学の意義について説明し、その後、八尾市職員の方からスライド資料をもとに八尾市の歴史・文化の紹介、そして行政の役割および市役所が担っている仕事について解説を頂きました。続いて、議会事務局職員の方から、議場の紹介・八尾市議会の構成・議案審議の仕組みについての説明を受けました。
 本学は2013年2月14日に八尾市と包括協定、八尾市議会と地域連携の覚書を締結しています。大学と地域の連携は大事なテーマです。今後も地方議会など行政の現場をフィールドワークする機会を設ける事で、学生たちの学びを充実させていきたいと考えています。

このページを他の人と共有する