トピックス TOPICS

教育研究 2018.09.06

西脇ゼミ 夏合宿実施!

 8月9日から1泊2日で、阪南市の「エイジングリゾート海甍(わだいらか)」において、法学部1年西脇ゼミの夏合宿が行われました。施設にはプールもあり、眼前の大阪湾の先には淡路島も眺望できるロケーションです。近くにある「せんなん里海公園」は夕陽百選にも選ばれた名所です。

テーマ学修「公務員に求められる能力の変化について」

 ◯1日目の午前は、「変わる公務員に求められる能力」をテーマに授業。公務員採用試験は小論文や面接、グループワークなど人物重視の要素が増えてきています。その理由として、コンピュータでなく人間しかできない仕事、つまり創造性や企画力が必要とされているからです。
 数学者の新井紀子さんは、著書の「AI vs教科書が読めない子どもたち」の中で、「AIは膨大なデータを機械学習し、何万通りものデータ検索から解答を見つける。つまり、問題は読めていないが解ける。では、中高校生は問題を読めているのか?」と問いかけています。
 人間とコンピュータの違い、そして、これからの時代に求められる能力について学習しました。

公務員として働く先輩の経験談を聞く

 ◯1日目の午後は尼崎市の福祉事務所でケースワーカーとして、2年間勤務している、先輩の大西勇瑠さんから公務員の仕事の苦労と、その中での楽しさややりがいを聞くことができました。また、一緒に参加してくれた岩井先輩とBBQやカラオケ大会を行い、楽しく交流することができました。あらためて先輩たちに感謝です。

防災をテーマにグループ討論!

 ◯2日目は、春学期に行った避難所運営HUGゲームに続き、神戸市の作成したクロスロードゲームを使って防災問題のグループ討論を行いました。最後に、介護施設の高齢者のみなさんと交流して、夏合宿は終了となりました。

このページを他の人と共有する