トピックス TOPICS

教育研究 2018.06.18

国際学部専門演習Ⅰ・Ⅱで「エコアイランドツーリズムワークショップ」と「1マイル写真展」を実施

 2018年6月11日と12日にかけて、国際学部専門演習Ⅰ・Ⅱ(担当:国際学部 呉原志賢教授)で、「エコアイランドツーリズムワークショップ」と「1マイル写真展」を実施しました。今回の取組は、「ぱしふぃっく びいなす」(http://www.venus-cruise.co.jp/)の松井克哉船長にお越しいただき、瀬戸内の島々を巡るクルーズについて考えるワークショップを行い、外航船員によって撮影された写真を展示しました。

瀬戸内の島々の観光資源を考える

 「エコアイランドツーリズムワークショップ」では、日本一広大な国立公園である瀬戸内海国立公園の、大小1000あまりに及ぶ島々で形成された内海多島海景観や、古い港町の家並などの人文景観といった観光資源を活かした、新たな観光開発について考えました。学生はそれぞれ1つの島を選んで、古き良き街並みやスローフード、スローライフ等を楽しめるツアーを提案しました。学生の提案は、瀬戸内のクルーズを企画する企業に提出します。その後、「瀬戸内海国立公園クルーズエリア構想」について、松井船長から講演をしていただき、質疑応答を行いました。

写真という世界共通の文化を媒体にした国際対話交流

 エコアイランドツーリズムワークショップと同時に、「1マイル写真展実行委員会」(外航船員で構成される社会貢献グループ)と協働で、「1マイル写真展」を実施しました。「1マイル写真展」は、船員によって撮影された写真という世界共通の文化を媒体にした国際対話交流の推進や、海事思想の普及及び環境問題について意識啓発に貢献すること等を目的に、全国の教育機関等で実施されています。
 学生達は、写真展の準備をしながら、様々な国を訪問する外航への関心を高めていました。

学生の希望進路に応じた取組に向けて

 国際学部では、多くの学生が観光、ホテル、エアライン等、ホスピタリティに関連した進路を希望して学修を行っています。クルーズビジネスは注目が高まっている分野で、今回の取組は学生達にとって非常に興味深いものとなりました。国際学部では、今回のような学生の希望進路に応じた取組を積極的に行っていきます。

このページを他の人と共有する