トピックス TOPICS

留学・国際交流 2018.05.08

田畑理一学長が北京大学創立120周年記念式典に出席

 盛大な記念式典
 本学の海外協定校である北京大学が2018年に創立120周年を迎え、その記念式典に本学の代表として田畑理一学長が出席しました。同記念行事は、本学の他、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、エール大学、カリフォルニア大学(UC)バークレー、東京大学、ソウル大学など世界44か国116人の大学総長・学長、また、清華大学など中国の130大学の総長・学長が出席する中、5月4日(金)・5日(土)の二日間にわたって、北京大学及び釣魚台迎賓館などで開催されました。

記念式典の概要

 5月4日(金)の午前は北京大学邱徳抜体育館で創立記念式典、午後からは釣魚台迎賓館に場所を移して、’World University Presidents symposium and Beijing Forum ‘(世界大学学長シンポジウム・北京フォーラム)、中国教育部主催晩餐会などが、開催されました。釣魚台迎賓館において行われた記念行事の席上で、本学田畑学長から林建華北京大学総長並びに王博副総長に対して、北京大学が創立120周年を迎えたことに関する祝意を伝え、その後記念品を贈呈し、林建華北京大学総長から謝意が伝えられました。
 二日目の5日(土)には、北京大学のキャンパス内でシンポジウムの分科会が開催され、北京大学の関係者や今回の記念行事に参加した海外の大学総長・学長、代表が報告と討論を行うなど有意義な情報交換が行われました。

両大学の友好関係のさらなる発展を確認

 本学と北京大学は1986年に学術交流協定を締結し、爾来約30年にわたって、学生交流、研究者交流をはじめとする多様な分野で交流を深めてきました。両大学は、この度の120周年記念行事を契機に、両大学間の友好関係をさらに発展させることを確認しました。

このページを他の人と共有する