トピックス TOPICS

留学・国際交流 2018.04.24

カンボジア国立経営大学 Kerry Slattery氏が本学で授業を実施

 4月16日、研究者交流制度を利用し来学したカンボジア国立経営大学のKerry Slattery氏が本学国際学部の学生のために特別授業を行いました。
 研究者交流制度とは、本学教員・研究者と海外協定校の教員・研究者間の交流および国際研究促進を目的とした制度で、毎年、海外協定校の教員・研究者が本学へ来学しています。

リアルなカンボジアの現状を知る

 すべて英語で行われた特別授業のテーマは、”How Colonialism Shaped Policing Systems in Developing Countries” (発展途上国における警察活動及び取り締まり制度の形成-植民地主義が与えた影響-)。学生たちは日本もしくは母国と大きく異なるカンボジアの現状に驚くとともに、母国アメリカを離れ、カンボジアで教育と研究に従事するKerry氏のリアルな話に大変興味を持ったようでした。学生たちの真剣な眼差しと、普段にも増して精悍な表情が印象的で、普段の授業とはまた違う引き締まった授業となりました。

多様な学び

 今回の授業に参加した学生にとって、Kerry氏の授業は、国際学部での自らの学びを振り返る貴重な機会となったはずです。
 本学は、今後も研究者交流制度や様々な機会を通じて、教員・研究者間の交流のみならず、学生の学びと交流の機会を積極的に設け、多様な学びを提供する計画です。

このページを他の人と共有する