トピックス TOPICS

キャリア 2018.03.15

グローバルキャリア体験 in ベトナム2018

 2018年2月28日(水)~3月7日(水)の日程で1~2年生の学生10名がベトナムに進出する日系企業視察のためハノイとホーチミンを訪問しました。このプログラムは、八尾市の企業でベトナム進出している株式会社伸明、カンエイ産業株式会社、テクノグローバル株式会社と大阪市の株式会社ソルテック工業の協力を得て実施しています。

ハノイ日系企業訪問(1日目)

 スーツを着こんでバスに乗り込み企業視察に出発。
 八尾市のカンエイ産業株式会社のベトナム支社である「LIKAN-VINA(工業用表面処理剤、洗浄液販売)」「AKEBONO KASEI VIETNAM(プラスチック異形押し出し成形)」「ATSUMITEC VIETNAM(二輪車部品製造)」を訪問し、工場視察の後、質疑応答が行われました。
 初日のため緊張していた学生に対して、現地の日本人スタッフの方は仕事だけでなく生活面まで幅広いお話を聞かせてくださり、企業訪問の雰囲気を掴んだ学生達は積極的に質問をしていました。

ハノイ日系企業訪問(2日目)

 2日目は、「HOANG HUNG JAPAN(技能実習生送出機関・教育機関)」「I-GLOCAL (会計コンサルティング)」「H & STC DESIGN JOINT STOCK COMPANY(設計・デザイン)、株式会社伸明ハノイ出張所、株式会社進富ハノイ事務所」を訪問。
 技能実習生を日本に派遣する訓練センターでの交流会では、学生たちがベトナム人実習生から次々と質問を投げかけられ、圧倒されそうな熱気と向上心により大きな刺激を受けていました。午後のプログラムでは、企業の担当者や現地のスタッフからレクチャーを受け、海外勤務・生活の理解を深めていきました。

「日本語を学ぶベトナム人学生との交流」 ベトナム国立大学人文社会科学大学ハノイ校東洋学部日本研究学科訪問

 本学と姉妹校であるベトナム国立大学ハノイ校人文社会科学大学東洋学部日本学科を訪問。学生達はベトナム人学生2年生、3年生の計15名と5つのグループに分かれて交流会に臨みました。学生たちは、すぐに打ち解け、交流テーマ①「共通点探し」②「今後の進路について」を語り合いました。最後に全員が自分の目標をみんなの前で発表し、お互いの成長を激励しあう時間になりました。終了後は、現地学生の案内で街中を散策し、夕食も共にしながら、さらに交流を深めました。

ホーチミン日系企業訪問

 本プログラム日程の後半には、気温35℃のホーチミンに移動し、戦争証跡記念館でベトナム戦争の近現代史を学びました。ホーチミンの企業訪問では、「EVOLABLE ASIA(ソフトウェア開発)」と八尾市に本社のある「TECHNO GLOBAL VIETNAM(金型製造)」を訪問しハノイとは異なる経済成長を遂げているホーチミンを体感しました。翌日は、大阪市の株式会社ソルテック工業のベトナム子会社「SOLTEC VIETNAM COMPANY(プラント設備製造)」、「KYOWA VIETNAM(金属製品製造)」を訪問。
 1週間で2都市10企業を訪問した学生達は、毎日、多様な価値観や文化に触れて、自分の可能性や視野の広がりを感じ、自らの学生生活のあり方や将来の進路について考える大きな契機となりました。

このページを他の人と共有する