トピックス TOPICS

留学・国際交流 2018.03.23

エンポリア州立大学(アメリカ、カンザス州)の留学生担当官・ Brian Powers氏が来学

 3月20日、本学と学術交流協定を締結している、エンポリア州立大学の留学生担当官であるBrian Powers氏が来学し、田畑理一学長への表敬訪問、国際部との協議、本学学生との交流などが行われました。

 本学とエンポリア州立大学は2008年に学術交流協定を結んでおり、2016年以降は毎年、本学の学生を同大学に派遣しています。素晴らしい環境の下、英語力を大幅に伸ばす学生も多く、2018年度は4名の学生を派遣する予定です。

田畑理一 学長への表敬訪問

 花岡キャンパスにて本学の田畑理一学長がBrian氏を温かく迎えました。歓談では、これまでの本学とエンポリア州立大学との交流や本学の特色、今後の展望等が話題となりました。終始なごやかな雰囲気で、本学とエンポリア州立大学の関係が今後更に深まることを予感させる表敬訪問となりました。

本学学生との交流

 花岡キャンパスE号館にある国際部では、2017年度に留学した学生、また、2018年度にエンポリア州立大学へ留学予定の学生とBrian氏による交流会がありました。
 Brian氏からは、同大学の英語教育プログラムに関する説明はもちろん、現地での生活や課外活動等についても丁寧に教えていただき、留学予定の学生のエンポリア州立大学への留学に対する期待も高まったようでした。

このページを他の人と共有する