トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2017.11.13

第46回経法祭「Change Challenge Chance~目の前の壁をぶち壊せ~」が大盛況のうちに終了!!

 2017年11月11日(土)、12日(日)の2日間、本学花岡キャンパスと八尾駅前キャンパス[オーバル]の2キャンパスで、第46回経法祭が開催され、4,000名以上の方にご来場いただきました。
 花岡キャンパス・セントラルガーデンステージにて、田畑学長、矢野学生部長、葛西教育後援会会長、早川経法祭実行委員長による鏡割りで華々しく開幕した第46回経法祭。今年のテーマ「C・C・C(Change Challenge Chance)」には、今までになかった新しい特色をした経法祭を創り上げるとともに、経法祭の成功に向けて、仲間と力をあわせながら困難や課題に挑み、参加者全員で経法祭を盛り上げていきたいという意味が込められています。

留学生、ゼミ生、クラブ・サークル生、卒業生、地元企業が出店し、地元八尾と世界の国・地域が1つとなった模擬店に!!

 今年の模擬店のイチオシは、国際学部による「国際ストリート」でした。「国際ストリート」では、ポトフ、ナシゴレン、マレーシア春巻き、マレー風フライドポテト、ヤンニョムチキン、コシーニャ(ブラジル風コロッケ)、ブリガデイロ(ブラジルのボンボン・ショコラ)やトッポギなどなど、国際色豊かで美味な料理が、来場者の目と舌とハートをがっちりつかんでいました。
 また、演習クラス、クラブ・サークル、学生有志、卒業生の組織である校友会による模擬店と地元企業のアンテナショップ等、50店舗以上の出店があり、模擬店は地元八尾市から世界につながるワールドワイドな取組となりました。

花岡キャンパスでは、スポーツ・音楽・展示・活動報告会等、バラエティに富んだイベントを開催

 メインステージでは、有名アーティストによる音楽ライブや人気芸人の単独ライブのほか、毎年盛り上がりを見せるストリートダンス部、G.Gによるダンスイベント、音楽系クラブ生による「K-4ライブ」、琉舞・三線友好会によるエイサーや三線、テコンドー部による演武が行われ、クラブ・サークル生が日頃の練習成果を発揮していました。
 また、学生防犯隊や難民支援サークルABRiRASによる活動報告会、学生消防隊SAFETYによるAEDの使用方法、傷病者搬送訓練や、文化系クラブによる作品展示も行われたほか、グラウンドでは小学生サッカー大会、体育館では高校生バレーボール大会も行われました。

オーバルでは、地元企業とのコラボレーション企画やジャグリングショーを開催!!

 八尾駅前キャンパス[オーバル]では、毎年恒例となったゼミ生(高橋慎二経済学部教授)が中心となり、様々な企業とコラボレーションした企画や商品展示などが実施されました。また袱紗の販売ブースでは、結婚式受付体験が行われ、定められたチェック項目をクリアされた方には、プレゼントが贈呈されました。
 また、模擬店(焼きそば、豚汁、オムライス、サンドウィッチ、フェアトレードによるチョコレート)、AI搭載ロボットとのふれあい体験や人気ジャグラーによるパフォーマンスなども開催され、子供から大人まで楽しんでいただくことができました。 

ご来場いただいた全ての皆様、2日間ありがとうございました。

 第46回経法祭「C・C・C~目の前の壁をぶち壊せ!~」の2日間は、天候にも恵まれ、ご来場いただいた全ての方々に楽しんでいただくことができ、無事終了することができました。
 ご来場いただいた全ての皆様ならびに、経法祭にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
 ここにあらためて御礼申し上げます。

このページを他の人と共有する