トピックス TOPICS

留学・国際交流 2017.11.15

国際学部:第46回経法祭において「国際ストリート」をオープン

 2017年11月11日・12日、第46回経法祭において本学花岡キャンパスに「国際ストリート」が設けられ、国際色豊かな模擬店が立ち並びました。この「国際ストリート」は、国際学部の基礎演習Bおよび専門演習IBのクラスや留学生有志が出店し、さまざまな国の料理を振舞ったり文化体験を提供したりする場となっています。

国際学部1年生クラスが奮闘

 国際学部1年生の履修する基礎演習Bの9クラス全てが「国際ストリート」に出店し、知恵を出し合い工夫を凝らしてさまざまな国の料理や文化体験を提供しました。また、国際学部2年生の専門演習IBクラスによる出店も見られました。
<基礎演習B>
I01クラス-プーティーン(カナダ・料理)
I02クラス-射的(日本・文化体験)
I03クラス-フォー(ベトナム・料理)
I04クラス-トッポギ(韓国・料理)
I05クラス-ブリガディロ、コシーニャ(ブラジル・料理)
     -ベイクドポテト(マレーシア・料理)
I06クラス-湯園(中国・料理)
I07クラス-ヤンニョムチキン(韓国・料理)
I08クラス-小籠包(中国・料理)
I09クラス-ホットドッグ(アメリカ・料理)
<専門演習IB>
呉志賢ゼミ-ガーリックシュリンプ(アメリカ(ハワイ)・料理)
本多善ゼミ-ポトフ(フランス・料理)

国際学部での学びを活かして

 国際学部にはフィールド・プロジェクト、海外語学研修、英語圏1セメスター留学、交換留学、海外インターンシップと多彩な海外体験プログラムが設置されており、1年次より国際学部生全員が海外渡航を果たし、異文化を実体験します。また、多文化共生、比較文化などに関する理論を幅広く学修する専門科目を通じて多様な学問的見地より国際社会を考察する力を養っています。
 「国際ストリート」に出店するにあたっては、以上の学修成果を存分に発揮し、また海外体験を踏まえた上で、それぞれが担当する国の文化や料理を主体的に調べ上げて準備に臨みました。

「国際ストリート」に学ぶ

 「国際ストリート」はグローバル化が進んだ社会の縮図。各店舗が提供する料理や文化体験はそれぞれ大きく異なりますが、どの料理もとても美味しく、どの文化体験もとても楽しいものです。各クラス・各店舗が良きライバル関係を構築し、相互に称えあう姿があちらこちらで見られました。多様性を尊重し、同じ場所に共生してゆくことの難しさや素晴らしさを「国際ストリート」は教えてくれています。

あらゆる機会に国際理解を

 国際学部はさまざまな年間行事やイベントをとらえて国際理解を促進するチャンスと考えています。これからも学内外の組織と協働しつつ学生による国際理解を広げる機会の構築に努めてまいります。

このページを他の人と共有する