トピックス TOPICS

教育研究 2017.11.07

国際学部専門演習Ⅰの取組として「1マイル写真展」を実施

 2017年10月30日と31日にかけて、本学花岡キャンパスE号館1F、G.S.(Global Square)で、国際学部専門演習Ⅰ(担当:呉 志賢教授)の取組として、1マイル写真展実行委員会(外航船員で構成される社会貢献グループ)と協働で、「1マイル写真展」を企画・実施しました。
 「1マイル写真展」は、① 船員によって撮影された写真という世界共通の文化を媒体した国際対話交流の推進、② 船員という職業特有の体験談を紹介することによる海事思想の普及及び環境問題について意識啓発に貢献すること、③ 現職船員の体験談によって夢や希望を発見するきっかけにすること等を目的に、全国の教育機関等で実施されています。

水平線に思いをはせて

 展示された写真は、現職船員によって「海・船・人・自然」を撮影されたもので、臨場感に溢れるものばかりでした。また、1マイル写真展実行委員の日本クルーズ客船 船長 松井 克哉氏から、それぞれの写真の説明もしていただきました。それぞれの写真にまつわるエピソードは、国際交流から環境問題まで、様々なテーマに関わっていて、学生達は非常に興味深く、話に聞き入っていました。

クルーズビジネスの現状

 写真の説明を一通り聞いた後、そのまま松井船長との懇談に移りました。懇談では、主にクルーズビジネスの現状について、説明と質疑応答が行われました。松井船長との対話の中で、クルーズビジネスが拡大していることや船員の方々の働き方、現場が国際性に富んでいること等を聞き、学生たちはクルーズビジネスへの関心が高まったようです。

このページを他の人と共有する