トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2017.07.18

KEIHO浴衣DAY 2017を開催

 7月7日(金)に花岡キャンパスで、国際交流サークルを中心とした実行委員会による「KEIHO浴衣DAY 2017」を開催しました。今年初めて実施したこのイベントは、留学生と日本人学生との交流を深めることを目的に、浴衣を着てキャンパスライフを楽しむというイベントです。
 当日は、天候にも恵まれ、浴衣姿の教員、学生が、花岡キャンパス内を行き来し、ストリートダンス部のパフォーマンスや音楽系クラブのライブ、八尾河内音頭まつり振興会の方々による河内音頭の実演と踊りの講習が行われるなど、伝統的な日本文化と現代的な「クール・ジャパン」が融合する文化色豊かなキャンパスの風景となりました。

うちわ配布と打ち水でキャンパスが爽やかに

 昼休みの部では、花岡キャンパスのセントラルガーデンで、藥袋国際学部助教と実行委員による挨拶の後、うちわ配布と打ち水を行いました。
 浴衣を着て歩く学生やうちわで涼をとる学生、打ち水をする学生が増え始め、真夏日の中での一服の清涼剤となりました。

文化会所属クラブのパフォーマンスでセントラルガーデンは大盛り上がり!

 夕方の部は、軽音楽部、音楽研究会、フォークソング部による演奏が行われました。今年入部した新入生によるフレッシュな演奏で、今後の活躍が期待されました。続いて登場したストリートダンス部による浴衣姿の「恋ダンス」と見事なダンスで、参加者のボルテージは最高潮になりました。

全員で河内音頭を踊って大団円

 KEIHO浴衣DAYの大トリは、河内音頭でした。八尾河内音頭まつり振興会の方による河内音頭の実演と踊りの講習を受けた後、参加者全員で河内音頭を踊りました。
 国籍も年齢も関係なく、みんなで輪になって、楽しく河内音頭を踊り、KEIHO浴衣DAY 2017を無事終えることができました。

このページを他の人と共有する