トピックス TOPICS

教育研究 2017.05.10

近鉄百貨店「うえろくツクリンピック」(5/6)で学生ブースを出展

 5月6日(土)に近鉄百貨店上本町店の屋上スカイガーデンにて「うえろくツクリンピック」が開催されました。本学経済学部の山路崇正ゼミ約20名が、ゴールデンウィーク工作体験として、厚紙シートに色塗りしたオリジナル力士で「とんとんずもう」選手権を出展しました。当日は、小雨が降るなかワークショップとして学生スタッフと一緒につくるちびっ子や、他の出展ブースからデザインを専攻している専門学校の学生が来場しました。また、作成したオリジナル力士で熱のこもったとんとんずもう選手権が展開されました。

2017年度第一弾イベント企画の実践

 山路ゼミでは、ゴールデンウィークに百貨店に来店するちびっ子たちに向けて「何ができるか」、「どのようなブースにするか」、などゼミ生同士で議論をかさねた結果、とんとんずもうのワークショップを開催することにしました。リーダー中島佳宏くん(山路ゼミ・3年生)をはじめ、3年生、2年生が中心になって2017年度第一弾のイベント企画となりました。ゼミ以外の時間にも集まって準備を進めてきましたが非常に限られた準備期間ということもあり、うまくいかない点も多く難しい調整が続きました。それでも、まず実践してみよう、そこから修正点を見つけ出しより良いものを創りあげようという考え方「DCAP(ディーキャップ:Do→Check→Action→Plan)」のもと、楽しく実践することができました。このワークショップの経験を活かして、より良い実践につなげるとともにその実践を理論のなかで学習することを通じてゼミ生の成長を目指します。

このページを他の人と共有する