トピックス TOPICS

教育研究 2017.04.04

本学学生が大阪府下の中学校・高校8校に「出前授業」!

 日本ピア・サポート学会大阪支部主催「出前授業~デートDVについて~」への参加も、今年で3年目を迎えました。
 昨年度の活動が評価され、本年度の申請校は、昨年度の4校から8校に増えました。また活動の楽しさを味わった先輩たちの勧めで初めて参加した学生や、2年目・3年目の学生を含め、学生数も昨年度の16名から28名となりました。

2日間の研修…缶詰で頑張りました!

 第1日目は、出会いのワークから始まり、「素敵な関係づくりって何?」「デートDVって何?」について学んだ後、自分にとっての「デートDV」について、グループで考えました。
 最後に、昨年度参加した先輩学生による模擬授業が行われ、授業への疑問点や、ねらい、内容、流れについて確認しました。
 第2日目は、チームに分かれ、授業プラン作りをした後、チームごとに授業プレゼンをすることで、授業のイメージを膨らませました。そして「どんな問題が起こるのか?」、また「どう対応するのか?」について考え、2日間の研修を終えました。
 2日間の充実した研修を終えた学生たちからは、「有意義な時間を過ごすことができた」や、「知れば知るほど難しい。それを人に伝えるとなれば、さらに難しい。」といった感想がありました。

全8校「出前授業」スタート!

 出前授業には、1時間版、2時間版の授業があります。
 1時間版では、デートDVは「暴力」であることや、その種類について理解してもらうことをゴールに、ロールプレイを通して、どのようにすれば素敵な付き合いができるのかについて、グループで考えてもらいます。
 2時間版では、1時間版に加え、友だちからデートDVの相談を受けたら、どう答えるのかについてみんなで考えます。
 授業後には、ピア・サポート活動で、大切にしている実践後の振り返りをしました。本年度は、参加校の先生方にもアドバイスをいただき、授業のねらいに、いかにして辿り着けるかについて議論する姿もありました。
 不安げだった学生たちも、経験を重ねる度に自信をもった表情となり、高校2校、中学校6校、計8校の出前授業を終えました。

このページを他の人と共有する