トピックス TOPICS

教育研究 2016.12.22

「天王寺 真田幸村博~夢のまた夢~」(2016年12月18日)にて、真田幸村グッズ販売ブースを実践

 12月18日(日)にてんしば(天王寺公園)で開催された「天王寺 真田幸村博~夢のまた夢」において、山路ゼミでは真田幸村グッズのブース販売を実践しました。
 真田幸村グッズは、真田幸村ゆかりの地である地元・大阪市天王寺区の企業に対して学生自ら電話交渉をおこない、商品を一つひとつ仕入れました。また、仕入れにあたっては原価や売価、販売数量などCVP分析をおこなうなど擬似的な会社経営を実践している山路ゼミとして事前準備を綿密におこなうことから企画をスタートしました。

甲冑武者へのグッズ販売

 当日は準備した商品を持ち込み、ブースのレイアウト、POPの飾り付けなどをおこない、販売スタッフ、会計スタッフ、イベント会場巡回スタッフ、など、当日学生リーダー(冨永彩華さん・山路ゼミ3回生)を中心に役割分担を確認して販売にあたりました。
 イベントを盛り上げた甲冑武者、ミュージシャン、アーティストの皆さんも多数ブースに訪れて商品をお買い上げいただくとともに快く記念撮影に応じていただきました。

産学官協働のイベント企画として

 天王寺 真田幸村博は、行政(大阪市天王寺区)と民間団体(天王寺観光協議会など)とが中心になって実施されたイベントで、2014年5月に開催されてから今回で5回目を迎えます。山路ゼミでは第1回から継続して参加しており、これまでもステージ企画、ブース企画、運営スタッフなど行政や企業等と協働してイベント企画を実践してまいりました。2017年度も産学官協働のイベント企画を実践していくことで、主体性、行動力、想像力、創造力などを体得していく予定です。

このページを他の人と共有する