トピックス

教育研究

トピックス一覧へ戻る

2016.12.21<BLP河内木綿プロジェクト>北京の学生達を迎えて「河内木綿伝統体験プログラム」を実施

 12月13日(火)に本学花岡キャンパスで、BLP河内木綿プロジェクトのメンバーが、北京聯合大学の学生達を迎えて、「河内木綿伝統体験プログラム」を実施しました。プログラムでは、第一部として河内木綿についての実演型プレゼンテーションを行い、第二部として藍染体験をしていただきました。

伝統体験を織り交ぜたプレゼンテーション

 第一部の実演型プレゼンテーションでは、河内木綿の歴史や栽培から製品になる過程を紹介しながら、綿繰りや糸紡ぎの伝統体験を行いました。北京聯合大学の学生達は、プレゼンテーションを興味深く聴きながら、プレゼンターの問いかけに積極的に答えていました。学生達は、綿繰り機や糸車等、初めて見る日本の伝統道具に興味津々で、綿から糸が紡がれていくのを見て感心していました。伝統体験を行った学生は、「すごい!」「素晴らしい!」という感想を述べていました。

蝶が浮かび上がる藍染体験

 第二部では、揚羽蝶の文様をあしらった藍染コースターの作成を、北京聯合大学の学生達に体験していただきました。学生達は、始めは藍液の独特な色とにおいに戸惑いながらも、藍色に染まっていくコースターを見て、目を輝かせながら藍染体験を楽しんでいました。また、出来上がった作品を眺めながら、「蝶の文様が綺麗」、「藍色が美しい」と、自分で染めたコースターを気に入っていた様子でした。

「河内木綿伝統体験プログラム」を終えて

 今回の「河内木綿伝統体験プログラム」では、先日のウクライナの学生を迎えたときと同様に、海外の方々に河内木綿文化を知っていただける貴重な機会になりました。今回のプログラムも、設営から藍染体験実施までのすべてを、プロジェクトメンバーのみで行うことで、自身の成長にも繋がったと思います。今後もこのような活動を続けていくことで、より多くの国の方々に、河内木綿文化を知っていいただく機会を作っていきます。

このページを他の人と共有する
  • mixi