トピックス

教育研究

トピックス一覧へ戻る

2016.12.22真田幸村博でBLPの学生が企業と協働開発した「珈琲ぷりん」をお披露目

 12月18日(日)に天王寺公園のてんしばにて開催された真田幸村博で、BLPの学生が企業と協働開発した珈琲プリンのお披露目を行いました。
 今回のイベントでは、BLP珈琲プロジェクトメンバーと東大阪市に本社がある田代珈琲株式会社と協働で開発した「田代珈琲ぷりん」と、田代珈琲が取り扱っているスペシャルティコーヒーの豆を使い、学生自らがその場でドリップしたコーヒー2種類を提供しました。

真田幸村博に向けて看板やメニュー等を作成

 テントの設営からすべて学生たちで準備して、コーヒー2種類とあわせてお披露目した「珈琲ぷりん」を販売し、用意した商品を完売することができました。
 制作にあたっては、学生が試作を行いレシピや製品仕様について試行錯誤を重ね、容器提供企業や製造委託企業の協力を仰ぎ、製品のお披露目にいたりました。

「珈琲ぷりん」のお披露目を終えて

 今回のお披露目では、たくさんの方に好評をいただきました。まだまだ、改良の余地はありますが、引き続き消費者の方々に喜んでいただけるような商品に仕上げるために、関係企業の方々と協働しながら商品開発に取り組んでいきます。今後も、様々な催事などで「珈琲ぷりん」をお披露目し、消費者の方々のお声を反映しながら、取組を行っていきます。
 企業と協働した商品開発等の実践的な授業や取組をとおして、主体性や考える力、協働力を身につけられるようにします。

このページを他の人と共有する
  • mixi