トピックス TOPICS

教育研究 2016.07.08

田中八尾市長特別講義「八尾市の未来を語る」

 7月1日田中誠太八尾市長が来学。2回生公務員特別演習、ほか合同授業で「八尾の未来」をテーマに特別講義が開催されました。
 冒頭、西脇教授から「田中市長は、今年就任10年目。大阪全体の市をたばねる大阪市長会の会長の重責も担われている。八尾市の問題だけでなく、大阪全体に視野を広げてのお話をよく聞いてほしい。」と紹介がありました。田中市長からは、26歳で同級生に相談して市会議員選挙に出馬した経験から、若い世代が政治に関心をもってほしい。18歳からの選挙権を有効に使ってほしいと訴えがありました。その後平成28年度の市政方針の基本的な考え方として、「切れ目のない子育て支援」「少子化をうけて、認定こども園の設置」「小学校区への地域分権―住民自治の充実」などのお話をいただきました。また、後半では、学生からの多くの質問に答えていただきました。

田中八尾市長と活発な意見交換がされました

 公務員コースの学生が多く参加。「切れ目のない子育て支援とは具体的にどのような内容ですか?」「職員を大切にされている様子が伝わります。これから公務員をめざす学生にアドバイスをおねがいしたい。」「幼稚園、保育所の統合と認定こども園の設置で、入所を希望する市民が不便になることはないでしょうか?」
 市長には、一つ一つの質問にていねいにお答えいただきました。
 また、市民のための政策に責任をもっておられる様子が伝わってきました。素晴らしい活きた授業になりましたことに、感謝いたします。

このページを他の人と共有する