トピックス TOPICS

キャンパスライフ 2016.04.28

八尾市消防本部と「大規模災害発生時における消防活動拠点に関する覚書」を締結

 本学は、八尾市消防本部と「大規模災害発生時における消防活動拠点に関する覚書」を締結しました。これは地震や台風、集中豪雨などの大規模災害が発生し、八尾市消防本部の庁舎や車両に被災又はそのおそれがある場合、本部機能や消防車両を本学キャンパス内に移転することを取り決めるものです。

 この覚書締結にあたり、4月27日(水)、花岡キャンパスにおいて調印式が執り行われました。調印式では関係者臨席のもと、覚書締結までの経緯について説明された後、藤原正彦八尾市消防本部消防長・藤本和貴夫学長による調印が行われました。

 調印後、藤原消防長からは「様々な形で連携を図りながら、八尾市民が安全で安心して暮らしていけるよう、今後もご協力頂きたい」、藤本学長は「本学としても地域防災体制に積極的に貢献していきたい」との挨拶が交わされ、今後双方の協力関係を深化させていくことになりました。

 なお本学では、2013年に八尾市との間で包括連携協定を締結しており、その一環として、災害時の帰宅困難者に対して八尾駅前キャンパスを一時滞在施設として使用することを承諾しています。今回の覚書締結を期に、こうした地域貢献・連携をさらに強めていく所存です。

このページを他の人と共有する