トピックス TOPICS

教育研究 2015.11.26

12月3日(木)に「学生研究発表大会」を開催!

 来る12月3日(木)は年に1度の学生が日頃の学修成果を披露する祭典「学生研究発表大会」が経済学部、法学部の両学部で開催されます。
 また同日は、学生研究発表大会とあわせて、来年の演習募集ガイダンスも行われます。在学生の皆さんは、ぜひ積極的に参加してください。

経済学部では過去最高の88組がエントリー

 経済学部では、今年度は、過去最高の88組の発表チームがエントリーしています。さらに、今年度から従来の自由論題での発表に加え、統一論題での「特別セッション」が開催されます。八尾市中小企業家同友会より審査員を招き、経営者の目の前で、「本当に強い企業とは」という論題でプレゼンを行い、午後からは特別企画として経営者3名を交え論題についてのディスカッションを行います。また、同日開催の外国語スピーチコンテストにも、昨年度を超えるエントリーがあり、早くも優勝を争い火花を散らしております。

昨年度の経済学部学生研究発表大会の様子
2014年度経済学部学生研究発表大会

法学部では40組のチームがエントリー

 今年で16回目の開催となる法学部学生研究発表大会では、毎年旬なテーマを使った発表が行われています。
 今年は、マイナンバー制度やドローンに対する規制といった今注目されているテーマなど合計40組の発表チームがエントリーしています。
 日頃、ゼミを通じて得た学修をもとに、「法律学」と「政治学」の視点から研究成果を発表し、議論を交わします。
 特に、今年度は募集時期を早めたことでゼミ内での取り組みが一層強化され、上位入賞を目指して夏休み中に合宿を行うゼミや遅くまで大学で発表練習を行うなど、熱心に取り組んでいます。

昨年度の法学部学生研究発表大会の様子
2014年度法学部学生研究発表大会

 

このページを他の人と共有する